中学のころ友達とみんなで見せ合いとしごきあいをした話

僕が中3の時、友人3人と銭湯に行ったときの話です。4人ともバスタオル
で隠しながら脱いでいたのですが、突然ジョウくんが背後からタクちゃんの
タオルをはぎとってしまいました。ジョウくんが「タクちゃんチンコ超でっ
けー!」と大声をあげたので、僕ともう一人の友人マサミくんもタクちゃん
のチンコを見ました。普通の状態でも亀頭が剥けきった完全に大人のモノで
した。タクちゃんは「ジロジロ見んなよ」と言い、照れ笑いを浮かべながら
風呂場へ入っていきました。
湯船につかってしばらくすると、ジョウくんが「いつからチンコの皮剥けた
の?」とタクちゃんに聞きました。「そんなのいつだっていいじゃん」と素
っ気なく答えると、「教えてくれたっていいじゃん」と食い下がりました。
「何でそんなこと聞くんだよ」「だってオレ普段から剥けてないんだもん。
教えてよ」「分かった分かった。剥けたのは中1の終わりだよ」と仕方なし
にタクちゃんが答えました。すると、ジョウくんが「タクちゃんの剥けチン
もう1回見せてよ」と言いました。タクちゃんが断るだろうなあと思ってい
たら、意外にも「いいよ。でも先にジョウのチンコ見せたらな」と条件付き
でOKしました。ジョウくんは恥ずかしそうにしながらも立ち上がってチン
コを露わにしました。タクちゃんが「ジョウのチンコも結構大きいじゃん。
皮かぶってるけど。どっちかっていうと太いな」と言うと、「タクちゃんの
方が絶対でっかいよ。早く見せてよ」とジョウくんが催促しました。する
と、タクちゃんは「ちゃんと剥けるのか?」と言いながら、ジョウくんの亀
頭に手をやり「エイッ」と剥いてしまいました。「おぉちゃんと剥けるじゃ
ん」とタクちゃんが笑うと、横で見ていたマサミくんが「ジョウのチンコ勃
たせようぜ」と言い、ジョウくんを羽交い絞めにしました。僕は横からジョ
ウくんの足を抑えていたので、ジョウくんの太いチンコが目の前に見えま
す。ジョウくんは「ふざけんなよ!やめろよ」と大声を出しましたが、タク
ちゃんは意に介せずジョウくんのチンコを上下にしごきはじめました。ジョ
ウくんはあっという間に勃起してしまいました。「ジョウのチンコ勃つの早
えーな。たまってんじゃねーの?」とタクちゃんがからかっても、観念した
のか抵抗しなくなりました。ジョウくんの勃起したモノもかなり立派で、裏
ビデオで見たAV男優のモノと同じくらいの大きさでした。しかも上をぴー
んと向いていて元気です。タクちゃんは「じゃあイカせちゃうぜ」と言って
ジョウくんのチンコをしごくスピードを上げました。ジョウくんの亀頭が皮
に隠れたり顔を出したりするところが間近に見え、すぐにジョウくんの亀頭
から液体が出てきました。タクちゃんも気づいたのか、「ジョウ、そろそろ
イキそうだろ?チンコが超カタくなってきたぞ」とあおりました。ジョウく
んは目をきつくつぶりながら耐えるばかりです。タクちゃんがチンコの根元
を超高速でしごいた瞬間、ジョウくんは全身を振るわせ、チンコがピクンピ
クンと動きピチュッという音をたてて精液が激しく放たれました。「すっげ
ー飛んだな。よっぽどたまってたんだな。そんだけ勃起して発射すれば立派
な大人のチンコじゃん」とタクちゃんが疲れきったジョウくんに言いまし
た。 「タクちゃん約束は守れよな」ジョウくんは怒り気味に言いました。「何だ
っけ?」とタクちゃんがとぼけると、「お前らのチンコも見せろよな」とマ
サミくんと僕にも矛先が向けら
れました。じゃあ4人で見せ合いっこしようということになり、立ち上がっ
て円くなりお互いのモノを見比べました。タクちゃんのはやっぱりデカく、
先っぽがプクッと膨れていて剥けていました。マサミくんのは細いのです
が、かなり長いチンコです。ジョウくんのを改めて見てみると、黒々として
て逞しい感じです。ジョウくんが「さっきのお返しだ」といいながらタクち
ゃんのチンコをしごきはじめました。ジョウくんのときと同じように、マサ
ミくんがタクちゃんの腕をとって僕が足をおさえました。ところが、ジョウ
くんがいくらしこってもタクちゃんのチンコは勃起してきません。亀頭がダ
ランと下を向いたままです。変わりに僕がしごくことにしました。ジョウく
んは力強く早くしこっていましたが、僕はやさしくさわっていきました。亀
頭とくびれが弱いらしく、手のひらを使ってなであげていくと時おりピクピ
クしながら徐々に容積を増してきました。「タクちゃん感じてる」とジョウ
くんがからかうのをよそに、さらに攻めていくと完全に勃起しました。「タ
クちゃんのチンコ勃っちゃったよ。すげぇテクニシャン!」「やっぱでっけ
ぇな。絶対AV男優よりでかいよ。マサミのチンコも長いけど、タクちゃん
の方が断然長いよな」ジョウくんが両手でタクちゃんの勃起を握りました
が、亀頭はもちろんまだ余裕がありました。そして親指と人差し指で輪をつ
くって握ってみましたが、「指回んねー。超太えー」とジョウくんは驚きの
声をあげました。「タクちゃんのチンコも超かてえじゃん!すぐイッちゃう
んじゃねぇの?」とジョウくんがいうと、突然マサミくんがジョウくんの背
後に回りチンコをもみはじめました。「あっ」ジョウくんは不意を突かれ腰
を引きましたが、すぐに「ジョウもう勃起したよ」と言われ、そのまま続け
てしこられていました。「ジョウ、人のこと言えねぇじゃん。勃起するの早
いな」とタクちゃんが言うと、僕もタクちゃんのでかいチンコを再びしごき
はじめ、お互いにどちらが早くいかせるか競争のようになりました。「あぁ
やべぇ!いきそう。やべぇ!」先にイキそうになったのはジョウくんの方で
した。「ジョウもしかして早漏なんじゃねぇの?」「そんなことねぇよ。う
っ」マサミくんがジョウくんのチンコを思い切り強く握り射精しそうなのを
とめました。「マサミそれ拷問だよ。イカしてやれよ」「だってジョウ早す
ぎるんだもん」ジョウくんのチンコは血管が浮き出てすごく苦しそうでした
が、僕がしごいているタクちゃんのチンコも皮が下の方までズル剥けになり
亀頭が真っ赤になってきました。「タクちゃんもイキそうかも」と僕がいう
と、マサミくんがジョウくんのチンコをあわててしごきだしました。今度は
前触れもなく、ジョウくんの亀頭からいきなりトピュッという一撃の後、す
ぐにピッピッと立て続けに発射しました。「やっぱジョウは勃つのも早いし
イクのも早いな。亀頭が感じすぎるからちゃんと剥いておいたほうがいい
ぞ」「でも2回連続でよくあんなに出るよな。今イッたのにまだ勃起したま
んまだ。絶倫じゃん」すると、その横でタクちゃんのでかチンも絶頂の瞬間
を迎えました。重たげな亀頭が何度か首を振るように上下するや太っとい筒
から押し出されるようにドプドプッと音をたてて大量の精液が放たれまし
た。「タクちゃんすげぇ。ジョウと同じくらい飛んだんじゃねぇの?」「で
も出た量はハンパじゃねぇよ」「チンコがでかいと迫力あるよな。エロビデ
オみたいだぜ」今度は僕かマサミが標的になる・・・と思った矢先に脱衣場
から人が来る気配がしたので、あわてて湯船に体を沈めその日は終わりまし
た。 銭湯でふざけあった日から数日後、週末に同じメンバーでタクちゃんちへ泊
まりにいきました。家に着くとすぐに、過ごしやすい格好になるために、め
いめいジャージやスウェットになろうとしていた矢先、「マサミ、この前の
お返しだ!」と叫んで、タクちゃんが背後からマサミくんのトランクスをず
り下ろしてしまいました。「あっ何すんだよ」「オレたちばかりじゃなく、
お前にも同じ思いをさせてやるんだよ」僕とジョウくんが二人がかりで床に
押さえつけ、ジョウくんが両手を、僕が両足を持ちました。マサミくんのチ
ンコは皮が完全にかぶっており、左にダランと横たわっていました。「マサ
ミもオレと同じでまだ包茎なんだな。勃起すれば剥けるのか?」とジョウく
んが聞くと、「そりゃあ剥けるさ。当たり前じゃん」とマサミくんが答えま
した。「それじゃ確かめてみっか」とタクちゃんがおもむろにテレビをつ
け、ビデオを再生しました。画面に映ったのは、タクちゃんが借りてきたと
いうAVでした。それも裏モノ!タクちゃんが途中まで見ていたのか、いき
なり騎乗位でハメまくっているシーンが出てきました。「うわっすげぇ。全
部モロ見えじゃん。女のアソコがめくれてるぜ」とジョウくんは興奮した上
ずった声をあげました。タクちゃんは僕に目くばせをすると、ジョウくんの
股間をキュッと握りました。「あいかわらず勃つの早いヤツだな」「お前ら
は勃たねえのかよ?インポじゃねぇのか?」「オレたちだって勃つけど、そ
んな早くはねえよ」「今日はオレじゃなくて、マサミに仕返しすんだろ。早
く手を離せよ」「はいはい」ジョウくんの股間には立派なテントが張られて
いました。「マサミ、どうせ勃起すんだから、ビデオ見ないと損だぞ」タク
ちゃんは説得力のあるような無いような事を言います。ビデオは構成がバラ
バラで、フェラチオのシーンに変わり、AV女優が通常時の男優のモノをゆ
っくりとしゃぶりはじめました。するとマサミくんのチンコが男優とタイミ
ングを合わせるように、ムックリと起き上がってきました。ダランと横を向
いていた先っぽは左上を向き、曲がりくねっていたサオがまっすぐに伸びて
きます。そしてきれいな肌色をした皮の表面には血管が浮き出しはじめ、
徐々に容積を増していきます。「おい、先っぽが剥けてきたぞ」とタクちゃ
んに言われて見ると、マサミくんのピンク色の亀頭が顔をのぞかせピクピク
と動いています。すぐにつるんと皮が剥け、亀頭が全容をあらわしました。
一方、ビデオの中の男優のチンコは完全に勃起したようで、女優が根元から
亀頭まで吸ったときに見えるサオの長さは相当なものです。そのシーンを夢
中で見ていたマサミくんのチンコはますます大きくなり、左右にカサが張っ
て立派にそびえたちました。太さはタクちゃんやジョウくんに及びません
が、かなりの長さがあります。「マサミのチンコすげえな、あの男優より長
えじゃん。ちょっと測ってみようぜ」両手を持っていたジョウくんはタクち
ゃんと入れ替わり、タクちゃんの机から定規を持ち出しました。「マサミく
んの記録19センチ!」「超長え!」タクちゃんよりは見た目少し短いよう
ですが、3人とも驚きの声をあげました。「カタさはどうかな?」ジョウく
んが親指と人差し指で根元をつまんで確かめ「こいつのチンコが一番かて
ぇ!ガチガチだぞこいつ」と叫んだので僕も面白がってサオの真ん中を指で
さすった瞬間、噴水のように高い放物線を描いてドピュッと発射してしまい
ました。「もうイッてやんの!マサミも早漏だな。ジョウのこと言えねえじ
ゃん」「それにしてもよく飛んだな。オレあんなに飛んだことねえぞ」「し
かもまだカタくてビンビンだぞ。もう1回イケるんじぇねえの?」「もう勘
弁して。」といってその日はおわりました。


男の子が体育の先生と放課後にマット運動をすることに、 腕立て、ブリッジ、手押し車…などの運動をしている最中にペナルティーが 追加されてエッチなマット運動に…!?


評価
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...