寝込みを襲われた初体験

今まで人に言えなくてェ、ずっと自分の心の中だけにしまいこんでいた体験を書きます。
この体験で僕はこっちの世界を知ることになりました。
僕には、中学からずーと仲が良かった親友タケがいます。
登校も下校もいつも一緒、3年間クラスも一緒で僕はおしゃべりでチビ。
タケは無口でガタイのいいヤツでした。
僕達はいつも一緒にいて、まわりからは凸凹コンビだな、とよくからかわれていました。
いつも僕ばかり喋って、となりで相づちをうつ、そんな変な関係でした。
でもそんな関係を壊す事件がありました。

僕が学校でリーダー格のヤツと喧嘩したんです。
モトモトそいつとは仲が良かったのですが、傲慢な態度にとうとう切れてしまい、殴りあいの喧嘩でした。
もちろんボロ負け。
それをきっかけに今まで仲良かった友達も僕をシカトするようになり、だんだん学校に居場所がなくなっていきました。
でもそんな中何事もないように一緒にいてくれたのがタケでした
喧嘩が起こった日、その日にタケと僕の関係を壊す事件がありました。
泣き崩れている僕に、
『そんな顔じゃ家帰れんだろ!明日は休みだし今日はうちにとまれよ!』
そぉいってくれたのでその言葉に甘えさせてもらいました。
タケの部屋は性格通り殺風景でよく整理されていました。タケが、
『俺風呂入るわ!眠いなら先寝ていいよ!』
といいました。

僕は喧嘩したのと泣きすぎたのでとても眠かったので寝ることにしました。
ベットと布団が敷かれていたので僕はベットで寝ました。
うつらうつら…僕は半分眠りについていました。
パッタン、と扉が開く音がしたのでタケが風呂から上がったんだなぁと思いましたチンコの上にあった手が眠りについたのを確認すると、ハーパンの中に入ってきました。
でもすぐには触らず様子を伺いながらだんだんと大胆になってきました。
ついにチンコをそのまま触り、次第にタケの生唾を飲む音がしてきました。
タケは僕のチンコが見たかったのかハーパンをゆっくり、ゆっくり下ろしていきました。
僕は見やすいように体位を変えてあげてじっくりと見さしてあげました。
長い間見たあとタケがいきなりフェラをしてきました!
最初は舌で亀頭を舐めていたのですがだんだんいきり立っているチンコを奥までほうばりチュパチュパ言わしていました。
あまりの快楽さに僕はタケの中で出してしまいました!
さすがにまづいと思い寝返りをうつふりをしてから起きました。
何事もなかったかのように、
『ヤベー、夢精しちゃった!』とかゆうとタケはバーカとからかってきました。

これでもう大丈夫と思っていたけどまた眠りについたらタケは触ってきました。
やっぱり人の寝込みを襲うのはダメだし白黒はっきりしていないのは嫌だったので触っている手をとり、『何?俺のこと好きなん?』とゆーと、
『本当ごめん!』といってきました。
涙をボロボロ流しているタケをみて僕はキュンとしてしまいました。
そこでタケの顔をとりチューをしました。
今までずーと一緒だったのに気付けなくてごめんね。
そう思い、僕もタケのチンコを舐めてあげました。
タケのチンコはあまり長くはないのですが、太く硬かったです。
でもタケは起ってはいたのですがイカなかったので、『入れさせて』と言ってきました。
僕は拒否しました。さすがにそれは無理だったので。
するとタケは力ずくで押し倒し、唾をケツにあて入れてきました。
すーごく痛くて大声で叫びたくても家の人にバレたくなく叫びにならない叫びを出しました。
でもタケはお構いなしにズンズンと突いてきて、そうしているうちに僕は2回目の精液をドビュドビュだしてしまいました。
『締め付け最高!もう出るで!』といい中に出してきました。
力尽きて我に帰るタケ、一言『本当にごめん!我慢できなくて。。』
そのまま言葉を交わすことなく朝になり僕はタケの家を出ていきました。
例え好きだったからとはいえ、無理矢理感がありすぎて僕はタケに裏切られた気持ちでした。
そんなタケを許せずにお互い違う高校にすすみ、今でも連絡をとっていません。

そろそろ許してあげてもいいのかな。。
今ならきっとあの時のタケの気持ち、受けとめられている、そう思います。

漫画少年ズームvol.30」は総52ページのB5本で、今号は連載第3話「思春期ボーイズライフ」16ページと、読切「続・年下イトコは生意気くん」26ページ、フルカラーイラストを4ページ収録しています。13号・20号・28号(28号には「年下イトコは生意気くん」収録)がオール新作に切り替わってますので、初めての方におすすめです!


予選で敗退し、次の挑戦に向けた新チームのベンチメンバー発表を明日に控えた野球部。強豪校だけに競争も激しく容易にはベンチ入りできないため、他のところで点数稼ぎに励むしかなく――。練習後に着替えもシャワーも浴びずに監督のもとへ訪れ、若雄の匂いにあふれる肉体を差し出しちゃいます。汗の染みこんだ野球ユニの上から恥ずかしいところの匂いをくんかくんかされ、さらに生のままでも嗅がれ、指だけでは足りずに監督のが欲しくてねぶり求める球児をご堪能ください。よく日に焼けた褐色肌とぷりっとした白いおしりのコントラストが眩いです。


評価
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

前の記事

地獄と快楽

次の記事

体育の先生との体験