弟の言いなりに!

17歳高2です。一週間前のことです。お風呂から上がって、自分の部屋で、素っ裸でいると、ムラムラしてきたので、シコシコやり始めました。ビンビンになった頃、ドアをノックされて、中2の弟が部屋に入って来ました。弟はあぜんとした顔で、僕の股間を見ていて、僕は弟を見ながら両手で股間をかくしていました。でも、ビンビンになっていたので、かくしていても、はみ出していました。弟「兄ちゃんのでけぃ~!触らせろよ!」と僕ののチンコを触ってきました。僕は抵抗しましたけど、ぎゅっと握られてしまいました。弟「かてい~!ほら!ほら!気持ちいい~!兄ちゃんもこんな風にやってるんだろう!ほら!ほら!弟にやってもらうのはどう!」僕「やめろや!やめてくれや!」弟「やめてくれや!ってか!気持ちいいんだろう!ほら!ほら!」弟は激しくしこりました。僕「ア~ン!ア~ン!ア~ン!」弟「色ぽい声出してるじゃん!携帯で撮っておこう!」弟の携帯で、カシャカシャと何枚か撮られました。弟「ほら!ほら!もう、イキそうになったんじゃない!ほら!ほら!イッテもいいよ!」僕「やめてよ!ア~、イキそう~!ア~、ア~、ア~、イク~!イク~、ア~!」弟の顔とかお腹に向けて射精してしまいました。弟「兄ちゃん!すげぃ~!これからは、僕の言うことを聞いてもらうからな!」僕「何で!嫌だよ!」弟「そんなこと言っていいの?携帯で撮ってあるから、僕の友達とか兄ちゃんの友達に見せようかなぁ?」僕「それは、やめてくれよ!」弟「じゃ、言うこと聞く?」僕「わかった。何でも聞くよ」弟「じゃ、また、明日ね」弟は部屋を出て行きました。

次の日、学校から帰ると、弟が学校から帰っていて、僕の部屋にいました。いきなり、弟「兄ちゃん!裸になってよ!」僕「え~?ちょっと待ってよ!」弟「嫌だ!早く!裸になって!ならないと、昨日、携帯で撮った画像を友達に送るよ!」僕「わかった!なるから、それはやめてくれよ!」制服の上下、Tシャツ、ボクサーブリーフを脱ぎ、素っ裸になりました。弟「靴下もだよ!」僕「わかったよ!」靴下を脱ぐと、弟は僕の素っ裸姿を携帯でカシャカシャと何枚か撮りました。弟「窓開けて!」窓を開けると、弟「窓の前で、1時間立っていて!」僕「そんなの恥ずかしいよ!」弟「嫌何か!友達に画像送るよ!」僕「わかったよ!言う通りにするよ!」窓の前に立ちました。向かいの家には、男子の小学生と中学生がいて、その子らの部屋でもありました。あいにく、向かいの部屋には誰もいない様で、ほっとしていました。僕の部屋の窓は、ちょうど、チンコ迄向かいの窓から見えるほど大きい窓でした。弟は自分の部屋に行きました。僕はすごく恥ずかしく、向かいの窓から、小学生や中学生の子らに見られたらどうしょうなどと思いながら、ドキドキして窓の前に立っていました。1時間がたち、弟が僕の部屋に戻って来ました。弟「兄ちゃん!今、お母さんから電話がかかってきて、今日はおばぁちゃんの家に泊まるって!電話があったよ」僕「何で?」弟「おばぁちゃんが具合が悪いんだって。お父さんは出張で帰って来ないし、今日は兄ちゃんと2人きりだね。ゆっくりと、楽しもうよ!ね?」

弟「兄ちゃん、両手を後ろに回して!」僕「何でよ!」弟「いいから!」両手を後ろに回しました。弟は僕の手首の所を紐で縛りました。僕「何するんだよ!」弟「兄ちゃんは僕に逆らえないんだからね。僕のペットになってもらうかな」弟は僕の上半身にマジックで、〔ペットです〕と書きました。また、お尻にも何か書いたようでした。首にも紐で結ばれて、何か犬の様にされました。弟「よつんばいになって!」よつんばいになると、弟は僕の首から下がった紐をひっぱりました。弟「さぁ、祐!下に行こうか!」首から下がった紐をひっぱられながら、下のリビングに連れて行かれました。弟「祐!お座り!」両手のひらを床に付けて、犬が座る様にしました。弟「ワン!とないて!」ワンと鳴くと、弟は皿にご飯を入れて、その上から、朝の残りのみそ汁をかけて、僕のの前に持って来ました。弟「今晩のご飯はこれだからね。犬が食べる様に食べて!手を使ったらだめだよ!口だけで食べるんだよ!」言われた通り、口だけで食べて、弟はレトルトカレーを食べ始めました。食事が終わると、弟「さぁ、お腹もふくれたし、遊ぼうかなぁ?祐!よつんばいになって!」言われた通りにすると、弟は僕の背中に乗って、僕のお尻を叩きながら、「家の中を動き回るんだよ!さぁ!さぁ!さぁ!」言われた通りにするしかありませんでした。

弟はソファーに僕をひっぱりながら座りました。弟「兄ちゃん!足舐めて!綺麗にしてよ!」言われた通りにしていると、タオルで目隠しをされました。弟「次はこれも舐めてよ!」弟は僕の口の前に何かを持ってきました。舐め始めると、尿臭い、むせる様な臭いがしました。それは、弟のチンコでした。舐めてると、弟のチンコが段々と勃起するのがわかりました。しばらくして、生暖かな液体が僕の口の中で広がりました。弟「飲んでよ!」いっきりに飲み込みました。目隠しをはずされて、弟は食パンを僕のチンコの前に持って来ました。弟「パンの上に精液出して!僕、携帯で撮りながら、じっと見てるから」指先でチンコを持って、オナニーをやり始めました。見られているせいか、なかなか勃起せず、ようやく勃起すると、今度はチンコを握って、オナニーをやり始めました。弟「兄ちゃんは、見られていても、起つんだね。ひょっとして、変態?」だまりながらオナニーしていました。しばらくして。僕「いきそう~!」弟は携帯を僕のチンコの先に近づけました。僕「あ~!イク~!イク~!あ~!」食パンの上に大量の精液を飛ばしました。弟「沢山出たね。さぁ!お腹へったね。この食パン食べて!」自分の精液を口にする何て、思っても見ませんでした。逆らうことも出来ず、自分の精液が付いた食パンを食べ始めました。何とも言えない味でした。弟「美味しい?」だんまっていました。弟「返事は!」僕「美味しい!」弟「美味しいです。だろう!?」僕「美味しいです」弟「さぁ、もう寝るわ!兄ちゃんは、そのまま、素っ裸で、ソファーで寝るんだよ」両手、両足を紐で 縛られました。そして、僕の首のたれさがった紐をソファーの足にくくりつけて、電気を消して、自分の部屋へ向かいました。

ソファーで素っ裸のまま寝ました。朝の6時頃目を覚まし、お腹、胸のあたりをみると、「僕は弟のペットです」ってマジックで書いてありました。弟は何時頃書いたのか、考えていると、弟が起きてきました。弟「兄ちゃん、消したらだめだよ!そのまんまで、学校に行くんだよ!わかった?」僕「今日、体育の時間があるんだけど」弟「みんなに見てもらったら」僕「嫌だよ!」弟「じゃ、体操服来て行けば!それか、トイレで着替えれば!とにかく、消したら、わかってるだろうな!」僕「わかってる」弟「いい子だ!」弟は首の紐をほどいてくれました。食パンを二枚食べて学校へ向かいました。その後も、毎日、弟のペットにされて、言いなりになって、最近では、公園とかで、小学生の前で、素っ裸にされ、笑い者にされて、オナニー迄させられています。僕の体験談を信じるか信じないかは、読んでくれた人しだいですが、決して、妄想やイメージプレイで書いたのではありません!実話なんです。今でも、弟にペット、言いなりにされています。

評価
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

前の記事

夏休みのプール

次の記事

真夏の公園