パンストフェチ

中学のときH友がいた。彼も僕もだった。

僕は「カギっ子」だったH友のTのうちへよく遊びに行った。てか、ほとんど毎日、ふたりで学校から直行してた。

Hざかりですからね、なにしろ。何で立つかとか、そんな話、多かった。

Tは父親の隠してる(つもりの)AVとか、ひっぱりだしてきて二人でよく観た。

で、あるとき、やっぱり二人してHビデオ観てたら、パンストフェチのが1本あって、観てるうちに二人して静かになってしまった。

ふだんは「げぇ、超エグイ!」とか、冗談半分で観てたんだけど(やっぱ、マジで興奮してるのに気づかれるのは恥ずかしかったのだ)。

「パンストって、なんかヤラシイよね」って話になって、どんなパンストに感じるかとかいろいろしゃべってるうちに、二人とかなりのパンストフェチだってことが明らかになってしまった。

「Tのお母さん、パンスト履く?」って聞いたら、「そりゃ、履くよ」って言うから、感じる系のパンストも履く?って、追求してみた。

そしたら、ちょっと待ってて、なんて言って、Tは両親の寝室に入っていった。

しばらくなんかゴソゴソしてたTが、母親のパンストを持ってきた。さっき話してた、黒の薄いパンストとか、模様の入ってるのとか。

あどけなさ残るやんちゃ系少年『友則』。冒頭インタビューでは「毎日オナニーします!」と発情期真っ盛りの彼!まずは友則の若くピチピチの体を愛撫。ものの数分でフル勃起!!次第に荒くなる息遣い!ケツに指を入れられ自分でチンコをしごく淫乱ぶり!あえぎ声は大きくなり体をくねらせ全身で感じる友則。自らまたがり騎乗位でチンコを飲み込み勃起チンコを暴れさせる!ガン掘りされてもなおフル勃起でそのまま射精、そしてまた勃起してしまう19歳エロガキ少年をとくとご覧あれ!!


僕は、あ、こいつ、自分で履いてるんだ、ときどき、と、そう思った。

Tがこっそり母親のパンスト履いてる姿を想像したら、むちゃくちゃHな気持ちになった。

最初は、そのけっこうHなパンスト見ながら、これをクラスのKに履かせたい、とか、Mのほうがいい、とか、そんなこと話したんだけど、僕は思い切って、「T、おまえ、履いてみなよ」と言ってみた。

Tは一瞬、びっくりしたみたいな顔をしたけど、そんなことできるかとか、バカとかヘンタイとか言った。

でも、興奮してるのはすぐわかった。それで、僕は、冗談めかして、「ねえ、頼むよ~」とかしつこく言ってみた。そしたら、Tが、「おまえも履くんだったらいいよ」って言った。

それで、二人で履いてみることにした。

ばれないか心配だったけど、Tは、すっごくたくさんなるからわかりっこない、なんて、積極姿勢を見せた。

で、それぞれ、パンストを履きに行って(笑)、Tの部屋に戻った。

Tが薄い黒のパンストを履いて、僕が模様の入った紫のを履いた。

僕らは上半身は裸で、お互いにできるだけHな格好をして見せ合った。

上級生も返り討ちにしてしまうほどの、その表向きの強さから思春期の悩みを誰にも相談できない平次。しかしただひとり、ネットを介した友だちがいて──。けれど彼に相談したことで、後戻りできない状況へと追い込まれてしまいます。


そのうち、どっちが先に相手を興奮させるか、っていうヘンなゲームになってしまった。

もう、ふたりともビンビンだったんだけど。

Tも僕も、ビデオとかネットでみたネタのあれこれを思い出しながら、イヤラシイポーズをいろいろ見せ合った。

僕は「レズの場面」とか言って、黒のパンストを履いたTの脚に、紫のパンストを履いた僕の脚をからませた。

直穿きのパンストの下で、Tのペニスがカチカチになってて、先走りがパンストの生地を濡らしてた。

僕はたまらなくなって、自分のペニスをTのペニスにこすりつけた。

Tはビクって感じで一瞬からだを離したけど、すぐに自分のほうからこすりつけてきた。

僕らは上半身裸、下半身パンスト直穿きという姿で抱き合って勃起しまくったペニスをグリグリこすりつけあった。

信じられないくらい快感で、僕は我慢できなくなって射精してしまった。

自分が先にイッたのが悔しくて、僕はTのペニスをパンストから引きずり出して舐めまくった。

似合いすぎ!? コスプレと言うより犯罪VTRに見えちゃうイケナイ学ランエッチ!!3日前にオナニーをしちゃったという友成クン! でも流石は18才、フェラチオをされるとすぐに勃起しちゃいます!穴中観察では超恥ずかしがる友成クンですが、フェラ中には大胆にもカメラ目線で「おチンチン舐めてます…」まだ慣れないアナルセックスに痛がっていたはずなのに、でっかいおチンチンをシコシコされて、掘られながら射精しちゃいます!


そしたらTは「うっ」とか声を漏らして、体を固くして、その直後に僕の口の中に射精した。すごい量だった。


「人のチ〇コ触ってキモくねぇの?(オレも触りてぇ…)」本当は心も体も同級生の公和(きみかず)を求めているのに、口から出るのは嘘ばかり…自分がゲイであることを自覚している勇大(ゆうだい)は、周りににバレないために嘘を重ねた学生生活を送っていた。もちろん、片思い相手の公和に告白なんて論外!眺めるだけの淡い恋を胸に、無事に迎えた卒業式の夜。酔った勢いで同級生にキスをしまくり、いい思い出にしようと思っていたら…気付けば公和と舌を絡めたキスを交わし、遂には最後まで…!?


男の子が体育の先生と放課後にマット運動をすることに、 腕立て、ブリッジ、手押し車…などの運動をしている最中にペナルティーが 追加されてエッチなマット運動に…!?


評価
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

前の記事

佐川のお兄ちゃん

次の記事

優等生