佐川のお兄ちゃん

僕は中学2年生です。こないだあった出来事です。

月曜日振り替え休日で学校が休み、親は仕事で家には誰もいない。

僕は小さい頃から男が好きだった。

パソコンでゲイの動画を見ていて、勃起していた。すると窓がドンドンとなった。

佐川○便だった。僕は勃起しているのを忘れていて。パンパンのジーパンの状態でカーテンを開けてしまった。

僕は佐川○便のお兄ちゃんの目線が自分のあそこにいってるのに気付いてやっと勃起しているのに気付いた。

僕はちょっと恥ずかしかった。

箱についてる紙にはんこうを押していると、佐川のお兄ちゃんの手が俺の股間を触ってきた、俺がビックリしていると、佐川のお兄ちゃんが、『君、大きいね』と言った。

僕は照れながら『そうですかねぇ~』といいながら佐川のお兄ちゃんの股間を揉んだ、僕は佐川のお兄ちゃんを家に入れてあげた。

しばらく、揉み合いをしていた、佐川○便の人のあそこを揉んでるなんて夢みたいだった。

特別マッサージと言われ、イケメンマッサージ師二人に上下の口を二本の棒でしっかりほぐされていく。こんなのダメなはずなのに...もっとして欲しくて自ら奥のコリに届くように動いてしまうくらいに仕込まれてしまう。


いきなり、佐川のお兄ちゃんがズボンを脱がしてきた。

だから佐川のお兄ちゃんのズボンを脱がした。佐川のお兄ちゃんのあそこはめちゃくちや大きかった。

僕はフェラに興味あったから佐川のお兄ちゃんのちんこをくわえさせてもらった、初体験だった、不思議な感じだった。

扱きながらフェラすると佐川のお兄ちゃんが『あっ いくぅー』と言って口に精液があふれるほどでた、するとお兄ちゃんが『精液を口移しして』と言われたのでお兄ちゃんの口に移した。

次に僕がくわえてもらった、お兄ちゃんは超気持ち良くフェラしてくれた。僕はお兄ちゃんの口に発射した。

そして今はメルアドを教えて貰ってちょくちょくあってやっています。


先輩と松本くん、男2人でAV鑑賞中に突然飛び込んできた近所の男の子ケン。必死に隠そうとする松本くんを尻目に、もっと見たいとせがむケンに先輩はナニを舐めたら見せてもいいという。穢れを知らないケンは先輩に言われるがままに…!!


家から追い出され居場所を無くした結斗が自分の居場所を手に入れるために「神待ち」するお話第25話です。 懇願するヒナタの思いも虚しくひたすら犯される三人。 押し寄せる絶望の波とは裏腹に、身体は刺激に流され反応してしまうソウタ。 だが一番最初に音をあげたのは裏表のないヒナタだった。 トイレに響き渡す絶叫。 嗚咽は連鎖し、ついにリツにも限界がくる。 ○辱の限りが尽くされ、体液と言う体液を垂れ流す。 そんな中、さらに次への絶望の伏線が引かれる。 一体、彼らの人生はどこまで破壊されるのか…?


評価
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

前の記事

兄ちゃんと

次の記事

パンストフェチ