相撲

体育会系クラブっていうのはどこでもそうだと思うのですが、上下関係というものが大変厳しいです。
当然3年生が一番偉くて、続いて2、1年生という順位になってます。
3年生はいわゆるVIP待遇。2年生は3年生の顔色を伺いつつ1年生をかわいがる(当然、シゴクこと)を毎日の仕事としています。そんな環境の中で、クラブが行われたりします。
私は中学の時、相撲部に入っていて、稽古は授業の時間を除いて、朝6時から夜7時半ころまで、みっちりとやっていました。
稽古の中では何度か練習試合をするのですが、その勝敗を、相撲部に1人だけ居た女子のマネージャーが毎回の稽古ごとに記録していました。
そして、その記録をもとに、一ヶ月トータルして練習試合で一番負けの多かった1年生の部員に刑罰が処せられるのです。
刑罰というのは具体的にはどういうものかというと、まず、稽古が終わったら、刑罰を受ける部員は、まわし姿にバスタオルを巻いて、自分の教室へ戻って自分の書道具を取ってきます。
そしてその刑罰を受ける部員が土俵に戻ったら、更衣室でみんな(約20名ほど)がちゃんと制服に着替えてまた土俵にもどってくるまで、土俵で一人、着替えもさせてもらえずに、まわし一丁で正座して待たされます。
その間は女子マネージャーがちゃんと正座しているかを見張っています。
みんなが制服でもどってきたら、いよいよ刑罰が開始させます。
みんなは土俵のタワラのところに、刑罰を受ける部員を囲んでまるく座ります。
刑罰が終わるまでは刑罰を受ける部員はこの円陣から外へは出られません。
みんなが座ったら部長が刑罰を受ける部員に「自分のまわしをはずして、きれいに八折りにしろ!」といいます。
刑罰を受ける部員は円陣から外に出てバスタオルを取ってくることもできないため、仕方なく片手で前を押さえながらまわしをはずします。
まわしというのは大体5メートル以上はあるものですから、当然それをせまい土俵の中だけで八折りにするとなると両手が必要になってしまい、仕方なくその部員はチンチン丸出しでまわしを八折りにすることになります。
まわしを八折りにしてそれを部長に渡したら、次に副部長が「そこで四つん這いになれ」といいます。
これまた四つん這いですから、当然両手は地面についているため、チンチンはぶらぶらとした状態になります。
そこへ次に、女子のマネージャー(この人もかなりすけべだったようですが)が刑罰を受ける部員の顔やチンチン等をじろじろ見ながらニヤニヤと笑いながら、その部員が持ってきた書道具を片手に近づいてきます。
そして、その部員のお尻の近くに座って刑罰を受ける部員の書道具を開け、中からすずりと墨汁と筆を取りだして、すずりに墨汁を入れてそれを筆にしみこませます。
そして、書道具箱を刑罰を受ける部員の膝の間に置き、わざと股を開いた体勢を取らせます。

そして、「おまえは稽古が足りんから、黒まわしや!」っと言い放ってその刑罰を受ける部員の体に筆で直接、まわしをかきこんでいきます。
はじめは腹周りに黒い線を、次にお尻の割れ目あたりを墨汁を含んだ筆で何度もなでて描きます。
たいていの場合、刑罰を受けている部員はこのときの肛門の刺激や、女子に素っ裸を見られているということで完全に勃起状態になっています。
このとき周りでみている部員は「おぅおぅ、気持ちいいのか?感じてるのかぁ?」とか、「すごい立ってるよー、みてみて~!」とか、「女の子に立ったチンチンとか尻の穴とかを丸出しで見られて、はずかしいのぅ~!」とかいってひやかしていました。
さらに、チンチンやそのまわりもまわしを締めたように黒く塗りしきめられました。
それが終わったら、いよいよ竹刀による尻たたきがおこなわれます。
四つん這いになっている部員は、まず部長から順に、3年生、2年生、1年生と、一人10回ずつたたかれます。
ところがたたく部員も結構いじわるで、中にはたたくときにわざと肛門をこするように撫でたり竹刀を肛門につっこんだりして、それに反応してまたグイッと勃起するチンチンを見てケラケラと笑ってひやかしていました。

また、このときに勢いあまって発射してしまった部員も何人かいました。
両手は地面につけたままなので、当然それもふかせてはもらえません。
さらに、部長も結構いじわるで、刑罰を受けている部員の友達の部員などがたたいているときは、「あと100回~!」とか、「もっと立たせろ!」とか、「もっと気合いを入れてたたけー!この野郎!」とか言ってヤジって、結局刑罰を受けている部員はひどいときには1000回ぐらいたたかれていたのではないでしょうか。
たたかれている時の部員の顔は、真っ赤になって今にも泣き出しそうでした。
みんなの前で、しかも、いつも中のいい友達ばかりでなく女子にも見られているわけですから、相当な恥辱だったと思います。
そして最後に、刑罰を受けている部員の書道具から半紙を取りだして、それをチンチンと肛門に当てて、チン拓と、菊拓をとって、そこに刑罰を受けている部員自身に筆で署名させ、「これは○○のチン拓です」「これは○○の肛門拓です」と書かせて、みんなに見えるようにそれを持たせて土俵をゆっくりと5周させます。

___

「漫画少年ズームvol.34」は総56ページのB5本で、今号は連載第7話「思春期ボーイズライフ」24ページと、読切「運ちゃんの太田さん」22ページ、フルカラーイラストを4ページ収録しています。13号・20号・28号がオール新作に切り替わってますので、初めての方におすすめです!


ごく平凡なサラリーマン白井悠介が毎週金曜仕事終わりに通う「少年男娼クラブ」。 中性的な美少年や男の娘が人気を集める中、この店では人気のない新人男娼、 山下元気の育成に協力することに! 3日間の「体験学習」を通じて濃厚に身体を交え、親交を深めながら、 元気くんを立派な男娼(エロガキ)に育て上げよう!


評価
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

前の記事

ゆうとゆうまの精通