自己嫌悪

高校一年生の時の、忘れられない思い出です。

放課後、家に帰ろうと裏門へ向かっているとき、
体育館倉庫前を通ったときに人の声が聞こえました。
話し声というより、うめき声に近かったそれが気になり、
人気の無い倉庫の窓から、こっそり中を窺いました。

そこにあった光景に私は目を疑いました。
3人の男性が、裸で交わりあっていたのです。
と言っても、実際は一人の男性を二人が代わる代わる犯している
いわゆる「輪姦している」状態の様でした。

二人は、1コ上の不良達である事はすぐ分かりましたが、
輪姦されている人は、顔が見えず、なかなか分かりませんでした。
何しろ、一人がお尻を犯している間も常に、もう一人が上の口に咥えさせていたので。

輪姦されている人は、マットの上に裸で四つんばいにされ、その白いお尻と口には、
男の真っ赤になったモノが、幾度も出入りしていました。
時折、男のモノを咥えた口から「うぅ」と苦しそうな声が漏れます。

そうこうする内、その人のお尻にしがみついていた男が、「くう…」
と短いうめき声を上げて動きが止まり、そのままその人の背中に崩れ落ちました。
「おーし!じゃ次俺な。」
フェラチオをされていた男が、うれしそうに口からモノを引き抜き、
後ろに回ったので、ようやくその人の顔が見えました。
私は心臓を鷲づかみにされた気がしました。
その人は、同じクラスのRだったのです。

Rは、色白でおとなしく、内気なタイプでした。
私もそれまで数回しか声を交わしたことがありません。

そのRの真っ白なお尻に、今再び、男の硬くいきり立ったモノが
挿入されようとしていました。
Rは切なそうな顔で振り返りましたが、それを止める術も無く、
男の不法な侵入を受け、「あぁっっ」とうつむいてしまいました。

私は、Rが激しく犯されるのを、助けることも出来ず、ただ見つめていました。
彼らが怖かったのはもちろんですが、自分自身がこの光景に非常に興奮していました。
そして信じられない事ですが、R自身、この状況をあまり嫌がっている様に
見えなかったのです。
Rは幾度も男にお尻を突かれ、その度に低いうめき声を上げていましたが、
その声は次第に高く、大きくなり、喘ぎ声と言っていいものになっていました。

そして何より、Rのモノは大きく膨らみ、男の動きに合わせて、Rの腹
をたたく様になっていました。
さらに、その先端からはきらきら光る物が滴っています。
(気持ちいい物なのか?)私は非常に疑問に感じながら、自分の硬くなったモノを
ぎゅうと強く握りました。

Rの喘ぎ声は「あっ あっ」と、短く断続的になっていき、とうとう
「ん! くぅぅ…」
子犬の様な声を上げて、イッてしまいました。

崩れ落ちようとするRの腰を、男は強引に持ち上げ、激しく腰を振りました。
「ん… う…」苦しそうにうめくRに構わず、男は更に激しく動き、
Rのモノから、白い精液がぷらぷらと揺れています。
そして終に、男の動きが止まり、Rの中で果てました。

男達はコトが終わると、服を着て、そそくさと出て行きました。
私は物陰に隠れて、しばらくしてからそっと倉庫に入りました。
中には、まだ裸のまま、呆然としたRが座っていました。

「見てたの?」
Rの言葉に、私は返す言葉も無く、「ごめん...」とうつむきました。
しかしRはにっこり笑い、「いいよ別に。初めてじゃないし。」と言いました。
その言葉に救われ、私はRの服を拾って渡してやりました。
「びっくりしたでしょ?」
Rは服を着ながら聞きました。
「う、うん… あんなこと、いつも?」
「いつもじゃないけど、たまにかな。2ヶ月ぐらい前から?最初は無理やりだったけど。」
「痛くないの?」
「もう馴れたよ。それに…見てたでしょ。僕がイッたとこ。」
「…」私が真っ赤になって、うつむいてしまうと、Rは寂しそうな笑みを
浮かべ、私の傍に寄ってこう言いました。
「君も、したいんだ?」

「ち、違うよ。僕は…」慌てる私を尻目に、Rはカチャカチャと
私のベルトを外し始めました。
「いいんだ。二人も三人も、同じことだよ。」
Rは、全く意に介さないように私のズボンを脱がせました。
私は、彼を止めることが出来なかった。
情け無いことに、私の股間は、先刻から、ずっと勃起したままなのです。
Rの言う通り、私は期待していました。
Rはわたしのパンツを下ろし、現われた肉棒をためらいも無く咥えました。
「はぁっっ」
初めての感覚に、私は我を忘れてしまいました。
Rのやわらかい唇が、私のモノを滑るように撫で、Rがその口で
大きく吸い込むと、腰ごと吸い込まれる気がしました。

Rは、しばらく私をいじめた後、自分のベルトを外し、ズボンを下ろしました。
「それに… 君の事、嫌いじゃないよ。優しくしてくれたから。」
そういって、Rがパンツを下ろすと、Rのモノも、大きくなっていました。

Rは四つんばいになり、白いお尻を私に突き出しました。
その割れ目に、小さなお臍のような穴が、ひくひくと息づいていました。
(入るんだろうか…こんな小さな所に…)
不安に感じながら、私のモノをあてがい、腰を押し出すと、「にゅるっ」
と思いのほか簡単に、中に入った。
「んはぁっっ」二人は、ほぼ同時に声を上げました。
Rの中は、おそらく奴等二人の精液であろう液体で、ぬるぬるにぬめっており、
そして何より、股間が溶けてしまいそうなほど熱かった。
こんにゃくを茹でて、トロロをかけて突っ込んだら、こんな感じだろうと思った。
しばらくその快感に恍惚となりながら、はっと我に返り
「動いていい?」と聞きました。

だが、Rはそれには答えず、自ら腰を使い始めました。
「あっっ!? ちょっと待…」
私はその強烈な快感に身動きが取れなくなりました。
Rの、小ぶりで丸いお尻が、私のモノを咥え、奥まで飲み込み、
また吐き出し、激しくグラインドしながら、私を攻めた。
「あぁ…あっ も、ダメ…」

あっという間でした。
私はRの背中にしがみつき、彼の腸内に大量の精液を放出しました。

日の暮れた校舎を二人で後にし、途中の道で別れるとき、Rは振り返り、
「今日のことは内緒だよ。」
と言いました。

それからも、Rは時々、奴等に輪姦されました。
私は助けることもせず、それどころか、時折、時間を見計らって体育館倉庫を訪れ、
彼と交わりました。
そんな関係が、奴等が卒業する2年間続き、奴等が卒業すると、Rとの関係は
全く無くなりました。

あの頃のことを思い出すと、自分の卑怯さに情けなくなります。
そしてもし、今同じ状況に置かれても、やはりあの時と同じ事をするのだろうと
思うと、自分が嫌になるのです。

“しなきゃいけないから”“将来困らないように”と駆られつつ毎日のように塾に通う菅生。別の学校の吉井に「ここ分かる?」と数学の問題の解き方を訊かれ、それをきっかけに仲良くなったある日、自習室で静かな寝息を立てて眠っている彼を起こそうとしたところ――。


評価
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

前の記事

中学生のおもちゃ

次の記事

俺の初体験