深夜に

深夜にどうしても腹が減り ビールも欲しくなって近くのコンビニへ行った。

深夜とはいえ蒸し暑い夜で 結局近くの公園で買ったビールを飲み干した。

ビールのせいでトイレに行くと、先客がいて小便器前に立っているヤツがいた。

大学くらいで、広い肩幅のいわゆる逆三体型で白いTシャツ袖捲りで太く日焼けした両腕が見える。

下には水泳部員が穿くSPEEDOのロゴマーク入りジャージのハーパンと言うスタイル

オレが用を足そうとひとつ離れた便器前に立つとハーパン君がチラチラ見ている

オレが用を足し終え立ち去ろうと言うのにハーパン君はオレより前から居るのに動かない。

いや… 下半身だけは動きがあった。

明らかにズリ下ろしたハーパンから完全にMax勃起状態の長めのズル剥けマラを扱いていた。

オレが黙って見てるとハーパン君が大胆になり、穿いていたジャージのハーパンを自分の足首迄ストンと落とした。

何も知らずに込み合ったバスに乗り込んで来た柔道少年。そのムチムチしたカラダはピチピチとしたジャージによってさらに引き立てられる。その姿にムラムラする痴漢師達は、すぐに行動にでる。そっと後ろから尻を撫で感触を確かめるとどんどんエスカレート。服を破りズボンを下げチンポをしゃぶりたおす。持っていた柔道着の黒帯で少年のチンポ挟み弄び、仕舞には丸い桃尻をムチのように黒帯をたたきつけ堪能。その気持ちよさに気持ちとは裏腹に思わず発射!その後バックからアナルをガン掘りされポールにつかまりながら顔をゆがめる少年。後部座席に移り両手両足を黒帯で拘束し大の字に!!恥ずかしさで顔も真っ赤に!窓の外は、まさかバスの中でこんな事が行われているなんて露知らず。拘束されたまま掘られ痴漢師の発射した精子が顔までかかる。柔道着の上着だけを着せられ下半身露出したまま荷物と一緒に投げ出され強制下車!


なんと!ハーパン君はジャージの下には何も穿いていない

それどころか鍛えられて良く引き締まってるケツには見事な競パンの日焼け跡がクッキリ浮かび

水泳部員らしく小さめだがムッチリした形良いケツを剥き出しにしながら、せんずりをこいていた。

『俺、露出入ってるんで』

ハーパン君がそう言うので 公園脇の道路に面したガラス張りの電話ボックスに移動するように促したら、ハーパン君が素直に従った。

深夜とはいえ、極たまには車が通過する道路沿いの電話ボックス

四方がガラス張りだから中が良く見える。

オレが近くで見てるから、電話ボックス中でズリこいて見ろよと言うと、ハーパン君は案外乗り気

『実は競パンとゴーグル持参っす!』

そう言うとジャージハーパンのポケットから小さな競パンとゴーグルを取り出した。

身体が大きく力で勝っている鉄平といじられ役の海斗という厳然と存在していた上下関係。しかし進学して恐い先輩に目を付けられ、デカさ勝負をさせられることになって――。


「せっかくだからソレ穿けよ」

と言うとハーパン君は慌ただしくジャージをズリ下げて競パンを穿く。

やはりSPEEDOのメーカーロゴ入りのサイドに黄色ラインが入っている青色の鮮やかな競パンだ。

電話ボックスに入って行くハーパン君は、大胆にも先程と同じようにハーパンを足首まで下げると、競パンの上からヘソ付近に達するほど長めのズル剥けマラを扱き出した。

深夜といえいつ誰が通るかも知れない道路沿いのガラス張り電話ボックス内で、明らかに異常な行為に更ける水泳部員?の大学生

オレが携帯のカメラで画像を撮影始めたらなおさら大胆になり

穿いていた競パンを膝までズリ下げると、持参のローションを手に垂らしてMaxスピードピストンで扱きながら電話ボックスのガラスに濃いザーメンをブッ放した。

溜まっていたのか? 水泳部員大学生の青臭い濃厚ザーメンがボックスのガラス表面にへばり付き、ゆっくりと垂れて行くのがメッチャいやらしく思えた。

結局オレもハーパン君が外から見てる前で、彼が放ったザーメン目がけて発射した。

3500ガウスの磁力で下半身をダイレクトサポート。ネオジウム磁石だから小粒でもパワーは最強!


部屋に連れてこられてすぐさま坊主頭にされる、しんたろう。「昔可愛がってたガキにそっくりだなァ~!」すっかり頭を丸められ怯えるしんたろうにそう言うといきなり渾身のビンタ!!この主人は、自身が暴行を加え、その反応を見ることでしか性的興奮を得られないのだった…。しんたろうが痛がり、泣き叫び、いくら「やめて」と叫んだところで男の加虐心を煽るのみ。むしろ段々とエスカレートしていき、首絞め、腹パン、頭を押さえつけ溺れさせる。


街での資金調達から少年が帰ってきて一週間、なぜか避けられているように感じていた少女。ふと壁の穴に気づいた彼女は、隣の部屋にいるはずの彼の様子をこっそり窺うと――。


評価
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

前の記事

水泳部の儀式

次の記事

マゾが高じて