真夏の公園

高二の時、部室で隠れて全裸オナニーにしているところを先輩に見つかり証拠の写メまで撮られてから僕の転落は始まりました。 それからは部員全員の前で公開オナニーさせられたり、ビキニタイプの水着を強制されたりしました。 始めは辛かったものの、色々やらされて慣れてくると、もともとM願望があったのか、何でもこなせるようになりました。 そういう僕を見透かした後輩に何度も公開オナニーをさせられ、ついには女子の前や他の部でもやらされるようになりました。 僕のファンだという後輩の女子を集めて公開オナニーの写メ撮影会をさせられてからは僕の噂と写メが女子中心に学校中に出回りました。
今度は部員だけではなく、クラスの同級生から授業中のオナニーを命令されたりすると、友達も離れていきました。 開き直っていましたが、だんだん学校が辛くなってきて、夏休み以降は行かなくなりました。 もう地元には居たくないので、親とさんざん喧嘩した揚句に、二十歳までに自分のやりたいことを見つけることを条件に、当面の生活費を親に借り、家を出て上京しました。

一人暮らしを始めたものの、見通しが甘く生活はすぐに行き詰まりました。親から言われていたとおりです。東京で遊びも少し覚えましたが、バイトを増やさないと家賃が払えないので、遊ぶこともままならず、全く自分のやりたいことを見つけるどころではありません。かといってすぐに親元に逃げ帰ることも出来ずに焦っていました。
そのうち近所に発展公園を見つけると、お金が掛からないので通うようになりました。
とはいっても、おじさんも多いし、いきなり参加する勇気もなかったので暫くは見学でしたが、慣れてくると、タイプを見つけてたまにHするようになり、夏になって人も増えてきた頃には、僕もすっかり常連になっていました。 公園では目の前の現実や不安を忘れられるので、すっかりハマってしまいました・・・

その夜も、ちょっとムラムラしていたので、適当に掲示板で来そうな人をチェックしてから公園に向かいました。 熱帯夜のせいか、人が多いものの、いつも全く相手にしていない常連の連中が中心です。 まあ、僕も常連なんですけどw  それでも人の多さに期待してうろついていると、まずますの30代を発見しました。 視界に入るようにうろついていると、向こうから声を掛けてきました。 近くで見ると、結構体も締まってて期待できそうだんで、誘われるままにトイレについて行きました。 
 普段からあんまりきれいじゃないトイレは、熱帯夜のせいかいつもより匂いがきついので、ちょっと躊躇していると、強引に個室に誘われ、いきなり服を脱がされて全裸にされました。 乱暴で急な展開に溜まっていた僕は興奮して、言われたとおりに壁に手をついて、お尻を突き出しました。 こいつは意外と当たりかも知れません。 30代はチューブに入ったローションをお尻に注入してきました。 ちょっと刺激があったのでおかしいなと思いましたが、期待と興奮で気になりません

30代は、ほぐすようにお尻に指を入れてきて動かします。 いつもより感じると思っていると、太ももが震えてきて、急に体が熱くなってきました。 指を2本、3本と入れられてかき回されると、今まで感じたことがない快感で声が出ました。 すごいテクニックなのかも、と思いましたが、火照った体は異常に敏感になっていて異変が起きているのがわかりました。 不安になりましたが、快感に勝てずに、くやしいけど自分からお尻を突き出して、おねだりしました。 30代は指を抜くとキスをしてきました。 普通ならキスはNGですが、やられるままにされるとキスも感じます。 舌が首筋に下りてくると、全身に電気が走ったような快感でまた声がでました。 そのあと、腋の下から乳首を往復され、快感に耐えきれずに抵抗しましたが、押さえ付けられると体に力が入らないので、やられ放題です。 耐えきれなくて、もう何も考えられずに悲鳴があがりました。
やっと腋の下と乳首を解放されると、腰が抜けて、僕はその場にしゃがみ込みました。 もう、体に力が入りません。 目の前には30代のカリ高のペニスがあったので、すぐに咥えました。 「ちぇんとしゃぶったらケツ掘ってやるぞ! 」と言われて、僕は夢中でしゃぶりました。 カリ高はだんだん固くなってきて、僕は早く掘られたくて、激しくしゃぶったり、タマまで舐めたりして夢中でした。 見上げると、個室の上から何人かに覗かれています。 あれだけ大声上げたので人を集めてしまったようです。 でも火照った体はまだ快感を求めているし、頭の中はパニックで何も考えられません。 気がつくと、上から覗かれたまま、音を立ててカリ高をしゃぶりながら、僕はオナニーを始めていました。

30代は、腕を掴んで僕を立たせました。 お尻に入れてもらえると思ったら、いきなり個室のドアを開けて、外に連れ出されました。 夢中になっていて気付きませんでしたが、10人以上集まっています。 僕は全裸まま、ギャラリーに見せつけるようにオナニーしながら、歩かされました。 「すげぇ・・・」 「こいつ、いつもいるヤツじゃん。」 普段、完全に無視している常連に声を掛けられても、恥ずかしいとか悔しいとかいう気持ちはなくて、突き刺さる視線にますます興奮してきます。 床まで先走りを垂らしたまま、小便器の前まで来ると、便器に手をついてお尻を突き出すように言われました。 僕はギャラリーの前で小便器の淵を掴んでお尻を突き出し、足を広げて、お尻の穴を見せつけました。 「お、ケツの穴ピンクだ!」「しまり良さそう!」 ギャラリーの視線がお尻の穴に集中しているのを感じて、興奮して見せつけるよう穴をヒクヒクさせました。 すぐに無言で30代がカリ高を入れてきます。 入る時一瞬痛さを感じましたが、むせかえる小便器の匂いとカリ高に腸を抉られる快感で、声を出しながらもだえました。 ギャラリーがだんだん増えてきて、すぐ近くで覗きこまれます。 「ケツ振れ!」と30代にお尻を叩かれて、ピストンされながらお尻を振りました。 思いっきりお尻を振ると、腸の中でカリ高が暴れて、たまらない快感です。 小便器の淵を掴んだまま振り返ると、囲んでいるギャラリーと目が合います。 僕は見せつけるようにして、汗びっしょりになりながら声を出して自分から激しくお尻を振り続けます。 
「お前、露出狂だろ。Mっ気もありそうだな。」
30代はそう言うと後ろから手をまわして、強く乳首をつまんできます。
「ひやぁあああ、ひぎいい!」 僕は耐えきれない快感で悲鳴を上げて直立不動になりました。 30代は僕の体をギャラリーの方に向かせて、下から突き上げてきます。 大勢のギャラリーと目が合い、突き刺さる視線で、封印していた高校で公開オナニーさせられていたときの興奮が、完全に甦ってしまいました。 だんだん突き上げが激しくなって、思いっきり突き上げられた瞬間に、一瞬目の前が白くなると、ギャラリーに向かって、トコロテンで大量に射精しました。 30代は僕のトコロテンの締め付けで射精して、腰を掴んでいた手を離しました。 僕は腰が抜けていて、汚いトイレの床に尻もちをつきました。 30代はお掃除フェラをさせると、カリ高をしまいながら、ギャラリーに向かって「じゃ、シゲさんあとよろしく」と言い残すとトイレから出て行きました。

1回目の射精をして、ちょっと落ち着いた僕はギャラリーの多さに怖くなりました。 トイレの外まで大勢います。 携帯をいじっている人もいて、ひょっとすると掲示板に書き込まれて人を呼ばれている可能性もあります。 でも、ここまで気持ちいいと、もう考えるのも面倒だし、火がついたカラダは1回ぐらいではとても収まりません。 見上げると、さっきシゲさんと呼ばれたオヤジが目の前に立っています。 たまに見かける顔です。 オヤジはズボンのチャックを開けて、太めのペニスを出してきました。 目の前まで近付けられると、途切れた快感に苛立っているカラダに負けて、僕は素直に咥えました。 少しためらいながらフェラしていると、髪を引っ張られました。 「ほら、ちゃんとしゃぶって硬くしろ!ケツのお代り欲しいんだろ?」 ギャラリーから笑いが漏れました。 笑われているけど図星です。 僕は思い切って、音を立てながら激しくフェラしました。 すぐに大きくなってきて、硬さはあまりありませんが太さはさっきの30代より太いくらいになりました。 オヤジはペニスを僕の口から引き抜くと、しゃがんでいた僕の腰を掴んでお尻を引き上げました。 床に直に座って汚れた僕のお尻をビンタで払うと、いきなり太めのペニスを根元まで入れてきました。
「ひやぁああああ」予想外の衝撃に僕はまた悲鳴を上げて直立不動になり、おしっこをちょっと吹いてしまいました。 「すげえ!潮吹いてる!」「違うだろ、いきなり入れられて、小便ちびったんだろう」「それにしても、チンコ小さいんじゃね?」 
また、ギャラリーから笑われます。 お尻の穴を広げる太さにも慣れて、痛さが消えて、快感100%になりました。 お尻の中いっぱいに太めのペニスを突っ込まれて身悶えしていると、常連の何人かが近づいて来ます。 普段は全く相手にしていない常連たちがニヤニヤしながら僕の頭を掴み下ろして目の前にペニスを並べ、そのうち一本を口に突っ込んできます。 左右の手を掴まれて、両脇のペニスを掴んで扱かされました。 僕は90度のお辞儀のような不安定な姿勢のまま、口とお尻と両手で、合計4本を相手します。 どうしても、お尻に意識が集中して、口や手の動きをさぼると、すぐにきつく乳首をつままれます。

オヤジのピストン運動が激しく、何度も口や手の動きが疎かになってくると、乳首のほかにタマを握られました。 激痛で泣きそうになりながら必死で口と手を動かすと、口に入れていた常連がピストンを始めて喉まで当ててきます。 僕は涙と鼻水とよだれを垂れ流しながら、全裸で全身汗まみれで、みんな早くイッテくれるように必死で頑張りました。 そのうち、口に入れていた常連がいきなり引き抜くと、「いくっ」と言って僕の顔に射精しました。 強い匂いの濃い精液が顔中に掛かりましたが、両手で他のペニスを扱いているので拭うことも出来ません。 するとオヤジは僕の髪を掴んで顔を上げさせながら「ほら、お礼だろ!」といって、反対の手でお尻をビンタします。
「ありがとうございます。」
言った途端にタマを強く握られました。激痛で両手のペニスを離してしまいそうになります。
「心がこもってないだろ!ちゃんと相手の目を見て大きな声で!」
「フェラさせてくれて、ありがとうございました!」
両手の動きを止めないようにして、お尻も振り続けたまま、ちゃんと目を見て大きな声で言いました。 今度はタマは無事でしたが、まだ軽く握られています。
「お前、謝ることあるだろ」
「え・・・・」
タマを守るために必死で考えましたが、さっきからすっと頭の中がパニック状態で何も思い浮かびません。 何か考えないとタマを潰されそうですが、何も出てこないので焦りまくりです。
「お前、こんなに露出狂のどMのくせに、今まで生意気な態度だったんじゃないか?」
助け船を出されて、僕は必死で謝りました。
「どMのくせに、今まで生意気で済みませんでした!」
「それだけか?」 オヤジは少しずつタマを握る手に力を入れてきます。
「え、あの、本当はこういうの大好きなくせに、格好付けていて済みませんでした!」
「だいぶ素直になったな。 またよろしくな!」 常連は許してくれたみたいです。
「はい!」
タマを解放してもらうと、両手で扱いていた人たちが立て続けに僕の顔めがけて射精しました。

顔中精液だらけになりましたが、オヤジのピストンは続きます。オヤジは僕をギャラリーに向かって立たせて、背後から乳首を攻めてきます。 突き刺さる視線と3点攻めに耐えきれず、僕は射精したくてちんちんを扱き始めました。 
「勝手に扱くな!」
オヤジに手を払われて、僕は射精したくて身悶えしました。 ギャラリーに囲まれていますが、カラダの限界です。
「お願いです。いかせて下さい。」
「いきたかったら、皆さんにも謝って、もうちょっと素直にならないとなぁ。」
といってオヤジは乳首を強くつまんできます。
「あ、はい。 今まで生意気にして、拒否とかして済みませんでした!はうっ。」
乳首を更に強くつままれます。
「あ、本当に・・・見られるの好きで・・・」
おやじが僕のちんちんをゆっくり扱きはじめます。もう興奮してパニック状態です。
「本当は・・・・こういう風にマワされるのを想像していつもオナニーしてるんです!」
射精したくて半分ヤケになって言うと、ギャラリーに大ウケです。
「おお、露出マゾのカミングアウトだな!」
「はじめから素直になってれば、毎晩かわいがってやったのになぁ!」
オヤジが扱くスピードを速めながら、耳元で「お前、公衆便所になりたいんだろ」と囁きます。
「え、あの・・・・ 僕・・・今日から・・・公衆便所になります! もう、絶対拒否とかしません」
「声が小さいぞ」 ギャラリーからヤジが飛びます。
「僕、今日から公衆便所になります!皆さん好きに使ってください!あうっ」
ギャラリーに向かって大声で言った瞬間に、大量に射精しました。

射精の後は、また腰が抜けてトイレの床に座り込んでしまいました。 ちょっと後悔しましたが、それより、もう開き直って清々しい気分です。 
「兄ちゃんケツ見せてよ」
ギャラリーに言われて立ちあがり、後ろを向きました。 すぐに「そうじゃないだろ!」とオヤジに頭を叩かれて、お尻を突き出します。
「もっと、ケツ突き出して、脚広げてよ。」
開き直っている僕は、思いっきりお尻を突き出して脚を広げました。
「穴丸見え! 半開きじゃん!」
「きれいな穴してるな。」
声援に応えてお尻を振ると、ギャラリーは大ウケです。
オヤジに手を添えられて、自分からお尻を掴んで左右に力を入れて穴を広げました。
「すげー。 ぱっくり開いてる。」
サービスで穴をひくつかせながらお尻を振ると、また大ウケです。
「兄ちゃん、ケツの穴がお代り欲しがっているぞ!」
笑いながらギャラリーが近づいて来ます。振り返ると、オヤジが常連にゴムを渡していました。オヤジが僕のお尻にローションを塗ると、すぐに突っ込まれました。 オヤジのよりも細めです。
「やっぱり、若い子はいいなぁ。3人目でもけっこう締まるぞ!」
何人か近づいてきて、左右の乳首とちんちんとタマをそれぞれ別の人に責められ、痛さと快感で身悶えしました。 さっき公衆便所宣言もしたばっかりだし、がんばってお尻を締めます。
暫くして振り返ると、僕のお尻の順番待ちの行列が出来ています。 こんなに大勢にマワされて、今日から公衆便所になるんだと思うとまた興奮してきました。

殆ど気絶状態で、気付くと夜明けになっていて、全裸でトイレの床の上で寝ていました。 
まだ頭がぼうっとしていますが、お尻の穴が開きっぱなしでひりひりするし、カラダ中から汗と精液の匂いがします。
「公衆便所になった気分はどうだ」
オヤジが外からトイレに入ってきて、僕の手を掴んで起こしました。 他にはもう誰もいないようです。 さすがに焦って帰ろうと思いましたが服がありません。
「あ、服がない・・・・ 僕の服知りませんか?」
「知らねえなぁ。 誰か持っていたんじゃない。 服なんか要らないだろ」
冷静になってくると、携帯も部屋の鍵も財布も無くなっています。個室や用具入れも探しましたが、どこにもありません。 もう、外も明るくなりかけています。
「あの、すいません。 服探してもらってもいいですか?」
「どうせ誰かが持っていたからもうないよ。そういうの好きなやつもいるしな。裸で困ってるんだったらウチ来るか? クルマで来てるし。」
明るいところで見るとオヤジはけっこう怖い感じなので、クルマに乗るのはヤバいかもしれません。でも、全裸で精液の匂いをさせたまま、トイレに残るわけにもいきません。
「すいません。何か服貸して下さい。」
僕はオヤジについて行くことにしました。
不安だけど、もうどうにでもなれという気持ちもありました。 

オヤジに着いていくと結構怖い系のクルマだったのでちょっと引きましたが、駐車場は明るいので全裸の僕は急いで乗り込みました。 オヤジの家に行くのではなく普通のビジネスホテルの前で止まりました。 オヤジがフロントに行って浴衣を持って戻ってきました。 僕はそれを着て2人で部屋に入りました。
部屋に入ると緊張が解けて、すっかり興奮もさめた僕は携帯も服も無い惨めさで涙が出て来ました。
「今更、何後悔してるんだ。ど変態を晒してうれしかったんだろう」
僕は声を出して泣き始めました。
「お前みたいな奴はどうせ昼間もろくなことしていないんだろう。オレが面倒見てやろうか?」
「・・・え!?」
僕は顔を上げました。
「生活の面倒は見てやる。ただし絶対服従できっちり調教するぞ。お前は素質あるから良いMになるよ。」
「援助ということですか?」
「いや、住むところから仕事までこっちで決める。表向きはオレの会社の契約社員だな。とりあえず、1年やってみるか?1年の調教契約だ。 始めたら1年は辞めさせないぞ。 1年経ってお互いに継続したかったらもう1年延長。 今まで何人も調教してるから安心しろ。」
正直言って東京の生活には行き詰っているし、興味もあるけどやっぱり不安です。
「まあ、2-3日考えてみろ。」
色々考えていると、部屋がノックされました。 オヤジが開けると紙袋を持った人が入ってきました。 公園で最初に手を出してきた30代です!
「シゲさん。これ」
と言って紙袋をオヤジに渡しました。オヤジが中を見て僕に手渡します。 中は僕の携帯や服が入っています。 30代はオヤジとグルだったようです。 怖くなって来ましたが、とりあえず携帯や服が戻ってきてホッとした気持ちもあります。でも携帯や財布も中身を調べられているかもしれない・・・ オヤジと30代を冷静にみると、普通のサラリーマンには見えません。
「結構、締りの良いケツだったな。 ゆずる君。」
30代に名前を呼ばれて驚きました。やっぱり調べられているようです。 怖さもあるけど、もう逃げ道も無い気がしてきました。 今の行き詰まった生活を捨てて、オヤジのところに飛びこんでしまえば、すべてが楽になる気もします。 きっと僕は調教されることを選ぶことになると思います。

評価
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

前の記事

弟の言いなりに!

次の記事

身体測定の思い出