中二の夏

中二の夏
ネットでたまたま知り合ったオジサンにお金をもらってHした。
悪いことと知ってたけど、簡単にお金が手に入るし。
何人かの人に会ってそういうことをした。
でも最後まではしなかった。それには抵抗があった。
だからホテルとか家とか密室になるようなところでは会わないし、行かなかった。

ある日、いつものサイトで知り合った人と会うことになった。

待ち合わせの駅前でメールを着信。
「駅前の丸井正面に行って」
「そこから前の信号渡って駐車場の方に歩いて」
と、メールの指示通りにドキドキしながら行くと、後ろからポンっと肩を叩かれた。
振り返ると、身長160ちょっとしかないオレの目の前にでかい人影。
約束していたAさんがいた。
Aさんは俳優の阿部寛似で、オレが予想してたよりずっとかっこよかった。
大学でラグビーをしている。そのぶ厚い胸板で納得。

「何処でしよっか。そこの丸井のトイレは?」
オレは急な展開にドキドキして
「トイレとか恥ずかしいです…」
と、うつ向きながら小声で言った。
「じゃあ僕の家に行こうか。」
いつもは車とか乗るの拒否してたし、家に行くのはためらった。
でも、オレはAさんの笑顔につられて車に乗ってしまった。
Aさんの車に乗って数十分。
その間マンションまで、車中軽くズボンの上を撫でられてた。

俺が中学だった頃は10年ちょっと前で、ネットもまだ一般的じゃなくて、
それでもおっさんに構ってもらいたい願望が強くて色々必死ですた。

ホモのおじさんがいるトイレで数回は遊んでもらったことはあるのですけど
毎回同じおじさんで、しかも平日とか昼間は目標のホモの人はほとんど現れ
ないで、ランダムな時間にしか遭遇出来なかったです。

それでも、ホモトイレがあるだけあって、その公園自体にホモの人がいると
いう話だったので、そのホモ兄さんやホモおじさんにお近づき出来る方法
とか色々考えました。駅の近くの公園だったのでリーマンとかも結構公園の
周りとかにいてベンチとかに座っていたので、あの中の誰かはホモかもしれ
ないという期待とかありました。

ただ普通に公園をウロウロしても注目されないと思ったので、それでもHG
みたいな衣装を当時持っているわけでもなく(笑)、自分が好きだった紺の
海パン姿で公園をウロウロするわけもいかないので(時々、一人で海パンを
はいて家でオナニーしてました)、どういう格好がいいななと色々考えたら
姉が部活で陸上やってて、その時使ってたスパッツがいいと思って、それを
はいて、何ちゃってランニングとかしてました。

姉の昔のブルマもあったのですけど、それはヤバすぎて外でははく勇気は
なくて、でもスパッツをはいただけでもエロい気分になって、アソコを
ギンギンに立たせながら、期待して公園をウロウロしてますた。

スパッツをはいて公園をウロウロしててもすぐには声をかけられたり、誰かが
接近して来たりすることは無かったです。
それでも、何回も同じところをランニングするふりをしてウロウロしてたら、
こっちに視線を送ってくるおじさんがいました。俺の期待がちょっと伝わって
いるようでした。そして俺もそのおじさんをチラっとみながら意識している
素振りを見せ、徐々に接近していきました。帽子をかぶった小柄のおじさんで、
とりあえずそのおじさんが座っていたベンチの隣に座りました。

何も知らずに込み合ったバスに乗り込んで来た柔道少年。そのムチムチしたカラダはピチピチとしたジャージによってさらに引き立てられる。その姿にムラムラする痴漢師達は、すぐに行動にでる。そっと後ろから尻を撫で感触を確かめるとどんどんエスカレート。服を破りズボンを下げチンポをしゃぶりたおす。持っていた柔道着の黒帯で少年のチンポ挟み弄び、仕舞には丸い桃尻をムチのように黒帯をたたきつけ堪能。その気持ちよさに気持ちとは裏腹に思わず発射!その後バックからアナルをガン掘りされポールにつかまりながら顔をゆがめる少年。後部座席に移り両手両足を黒帯で拘束し大の字に!!恥ずかしさで顔も真っ赤に!窓の外は、まさかバスの中でこんな事が行われているなんて露知らず。拘束されたまま掘られ痴漢師の発射した精子が顔までかかる。柔道着の上着だけを着せられ下半身露出したまま荷物と一緒に投げ出され強制下車!


ベンチに座ったら、2、3分ほど二人とも沈黙してて、その後そのおっさんが
「どこから来たの?」と聞いてきました。俺は知ってた適当な町名を答えて、
少し話した後、俺が自分からそのおじさんに公園に隣接している市立図書館に
一緒に行きませんかと誘いました。図書館は安全かつ死角が結構あるからです。

図書館の2Fに行き、結局トイレに行きました。
そしてそこでスパッツを自分でおろしてシゴいてもらいました。

「漫画少年ズームvol.31」は総52ページのB5本で、今号は連載第4話「思春期ボーイズライフ」16ページと、読切「電車できみと」26ページ、フルカラーイラストを4ページ収録しています。13号・20号・28号がオール新作に切り替わってますので、初めての方におすすめです!


ボランティア活動などをおこなう育成プログラムで合宿にやって来た少年たち。するとコトヤだけが特別育成プログラムに選ばれたと告げられ、特別育成委員に連れて来られたのは曇りガラスで中が見えない部屋で、全裸のおじさんが3人も待ち受けていて――。粘着テープで口を塞がれ、すべすべの柔肌をまさぐられ、か細い足をグイッと開かされて未熟なつぼみをニギニギシュコシュコしごかれちゃいます。さらにぢゅううううっと吸いつかれてたまらず初搾りを迸らせ、うぶな男の子穴にみちぃっとハメ込まれて何度も種付け育成されてしまうのをご覧ください。


評価
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (1 投票, 平均: 2.00 / 5)
読み込み中...

前の記事

妄想だけど