妄想だけど

この前、4年生ぐらいの男の子に悪戯した
ゲームセンターでうろうろしている子を発見。どうもコインが
尽きてゲームができないようだ。
「金、ないのか?」と聞くと、びくっとして逃げられそうになる。
それでも自分のコインを差し出すと、怪訝そうな顔をしながらも
受け取ってくれた。

少し度が強いメガネをした、長ズボンの子。ほっそりとしてやや色白でかわいい。
競馬ゲームをしながら、一人で来ていること、週1、2回来ているが
お金が続かないことを聞き出す。
唐突に「トイレってどこ?」と聞く。そのゲームセンターは、
複合ビルの中にあって、ちょっと離れたところにあった。
その子は指を指してくれるが「一緒に行こうよ」と言うと
素直に付いてきた。

トイレにはほとんど人通りがない。入り口のところで戻ろうとするので、
やや強引に腕を引っ張って個室に押し込んだ。
ちょっと怯えた顔をしていてかわいそうに思うが、嗜虐心がそそられる。
怖い顔をして「いいよね?」と言って、ズボンの上から左手で股間をなで回した。
抵抗されるかと思ったけど案外素直。勃起はしておらず、むにゅむにゅ
する感じしかしない。
肩をつかんでいた右手をズボンの前に持っていき、ファスナーをおろす。
ブリーフが見えるとあわてて隠そうとする。何度か手を振り払うと、無駄と思ったが
抵抗をやめた。
真っ白ブリーフで清潔そうだった。ブリーフの上からもんでいるうちに少し
固くなったような感じがした。自分でも我慢できなくなって、一気にズボンと
トランクスをおろす。いつも以上にデカくなったチンポを見て、その子は
驚いていた。
ブリーフをおろしお互い露出させても、デカくなったチンポを見つめている。
俺はしゃぶりつきたいのを我慢して、その子の手をとって俺のチンポを
握らせた。
俺のチンポは先走りでいっぱいだった。男の子にチンポを握らせ
その上から一緒にチンポをこする。自分で握るのとは違う感覚に
腰がしびれそうだった。

男の子はブリーフをおろしたまま。いったんチンポを握った手を
放させ、男の子のチンポを観察する。
完全に皮かむりで、袋も小さかった。少しだけ勃起していた。
角度は90°にいかないくらいのかわいい勃起だった。

触ると後ろに逃げようとする。だけど、個室なのでそれ以上は
後ろに下がれない。
ついに触ると、コリコリした感じがする。包皮の上からこすってやると
目をつむり、その感触を確かめているようだった。
チンポを右手、玉袋を左手で触る。少し気持ちよさそうだが、
射精することはないだろう。

耳を澄ませたけど、誰も入ってくる気配はない。だが、それでも
長居はまずい。もう一度、男の子に俺のチンポを握らせ、
その上から手を重ねた。
もうそれだけでイキそうだったが、なんとか我慢。だが30秒もしない
うちにイキそうになる。「うっ」と声が出てしまう。ずっと握っている
チンポを見ていた男の子だったが、初めて心配そうな瞳で俺を見上げた。
そのかわいい瞳に我慢できずに「いくっ」と言って、壁にびちゃっ、びちゃっと
射精してしまった。

『げーむで負けたら×××!』の続編です。 前作を読まなくても大丈夫な内容です。


2人の消防官が心を交わせ連携し市民を守る為に毎日励むSEXトレーニング!


評価
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

前の記事

5歳くらいの時

次の記事

中二の夏