後輩奴隷

高校2年の夏、クラブが終わって誰もいない放課後の部室で一人オナっていたら後輩達3人に見られ、「ばらされたくなかったら奴隷になれ」と言われ、仕方なく従った。

まずそいつらは「上半身を裸にして、自分でワキ毛を剃れ」と言い、次はズボンをぬがされすね毛まで剃らされた。
その後無理矢理地面に押しつけられ坊主にされた。

そこまですると、そいつらは「先輩のチンポって、やっぱ大きいんスか?」と笑いながらおれを全裸にした。
すると「チン毛も生えてるし剥けてるやん。でもワキ毛もすね毛も生えてないんやから変っすよ」といって剃毛された。
俺が恥ずかしさのあまり顔を真っ赤にしていると、「恥ずかしいんすか?まだまだっすよ」と言われ、「精子出なくなるまでしごいて下さい」と言われた。

キレた俺はそいつらに殴りかかったが、3人には勝てず返り討ちにあい、動けなくなるまで俺を殴り、部室のベンチにくくりつけられ何回も手こきされた。
その後、そいつらは俺の顔の前にチンポを出して「なめろ」と強要した。

おれはそいつらのチンポをなめまくり、俺の顔はそいつらの精子と唾液だらけになった。

その日はそこまでだったが、次の日からは毎日放課後そいつらの奴隷にされた。
毎日オナニーを強要され、そいつらのチンポをなめ、アナルに3人のチンポを無理矢理入れられ泣き叫んだ事もあった。

その後そいつらは学校にこなくなったが、他の奴に噂を流され、結局卒業するまで性処理奴隷としてイジめられ続け、卒業までワキ毛もすね毛もチン毛もつるつるに剃られ続けた。

その日は、高校の体育の時間に俺はダルかったので、体育だけずる休みした。

その時俺の頭の中でよぎる物があった。
それは、ある奴の物を取って俺の物にする事であった。
それをすぐに実行に移してしまったのが、まずかった。そいつが急に、体育をさぼって遊んでる俺を探しに部屋に入って来たのである。

「お前何してん?」
俺は、マジ、ビビった。「え?別に何もしてない」と答えその場を去ろうとしたが、場所がそいつの場所であった。
「何してんや?オレの机の所で おいオメーの手に持ってる物誰の物だよ?」と聞かれ、俺は、「ああこれ?これここに落ちてたから拾ってやってたんだよ。はいこれ」

俺は、逃げるようにその場を去ろうとしたが、そいつは、「おい待てよコラー人のもん取っておいて・・お前、今日俺と帰るぞわかったなぁ。」

そう言われ俺は、軽くうなずいた。
ヤバーと思いながらもそいつと一緒に帰った。
と言うか、無理やり一緒に帰らせられる羽目に・・
そして、急に「お前のケツをこれからい嫌程叩くからな」と言われた。俺は、驚きながらも、無言でうなずいてしまった。
連れられてきたのは、人がいない河川敷き下の草むらの中ここで俺は、パンツ脱がされ生尻をバシバシいっぱいされて泣きまくった。お尻は赤青紫に腫れ上がっていた。

今でもそいつにはいじめられている

米国一流メーカーが手掛ける信頼の品質!伸縮性に優れたスパンデックス製のマスク


評価
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

前の記事

夏休みの登校日

次の記事

中学2年の時