5歳くらいの時

5歳くらいの時公園に友達の家族数組と遊びにいき
トイレに入って小をしてたらおじさんが小走りで入ってきて横でし始め
俺が見てるのに気付いたら体を傾けて見えやすいようにしてきて
それでも嫌がらないと分かると俺の手を握って大の方に入り
後ろに向かせられるとズボンとパンツを足首辺りまで下げられた。
驚いたけど嫌われたくないと思いそのままでいたら
おじさんはチンコ摘んだり尻を撫でたりしてきて
少しすると膝の裏ら辺に生あったかい物がかかっておじさんはそのまま出てった。
別に怖いとかそういう感情はなく
逆に自分を構ってくれる大人の同性がいるという事がうれしかった。
それからもその癖は治らなくて悪戯された事もあったけどだいたい初めの人と一緒で
チンコや尻を触られるくらいで俺もスキンシップくらいにしか考えてなかったから
別に嫌だとかは全然思わなかった。
小5の夏休み市の文化会館で子供向け映画の上映があって
隣にランニング一丁のおじさんが座ったんでもしかしたらそうかもと思ってたら
照明が落ちて映画が始まり少しした時案の定ズボンの上から触られたんで
席を立って外のトイレに行ったらその人も少し遅れて入ってきて
「オチンチン硬くなる?」と話しかけてきた。
「ならない」と答えると「やり方教えてあげるから」と言って大の方に入り
俺のチンコの先を摘んで上下に動かし始め、3.4分くらいされてる内に
硬くなりおじさんは「もう少しだから」と言って動きを強くしてきたけど
俺が痛がるので途中で止めて口止め料らしい1000円札を渡して出ていった。
その出来事以来自分でチンコを触って硬くするのを覚えたけど
その時なぜか昔された事や文化会館での事を思い出しながらしていた。
それから少しして小6の五月の連休にデパート内のゲーセンで遊んでた時
そのおじさんに出くわし、向こうも気付いたらしく階段を下りたり
エスカレーターに乗ったりしてもずっと付いてくるのでほとんど人の来ない
立体駐車場の最上階に行き非常階段の方に行こうとした時声をかけられ、
「もう一回触らせて」と言われ黙っているとOKしたと思ったのか
「車取ってくるから」と言ってどこかに行きしばらくして黒のワゴン車に乗ってきた。
中に乗ったら後ろのスペースに行くように言われその通りにすると
窓に付いてるカーテンを閉めた後おじさんも後ろに来てズボンに手を突っ込んで
チンコを揉むように触り始め、勃起すると
「男の人にされてこうなるのは男の人が好きだからだ」というような事を言われ
その時は今まで自分がなんでああいう行動を取ったりしたのかが分かった気がした。
(後で調べたら体が反応したからそうだとは限らないという事だったが)
そうだと分かったからか以前とは違い少しずつ気持ちいいと思い始め
俺の反応を見たおじさんは服を脱がしていき
胸やお腹を舐めながらチンコをいじり続けられ、
我慢できずおじさんの手に出してしまうとおじさんはウエットティッシュで
手を拭いてから俺を四つんばいにしてそれでお尻の穴を拭き
「動かないで」と言うとお尻の穴に生温かい物がくっついてきた。
始めは何をされているか分からずぺチャぺチャ音がして
舐められているという事が分かったけどどうする事もできないし
「男の人が好きなんだからしょうがない」と思い込んでいたので
少々気持ち悪かったけれどそのまま舐められ続け、
その後指を入れられた時もおじさんの気が済むまで我慢していた。
(二本入れようとしてきた時は痛いから無理だと言ったけど)
その後おじさんとはそこで何回も会うようになり九月頃に会った時
お尻に入れられたけれど少しでも動かれると凄い痛みがあるんで
半分くらい入れたままおじさんが自分でしごいてお尻に出された。
中学に上がってからは自然消滅みたいな感じでたぶんだん会わなくなったけど
その後もおじさん限定で同性をそういう対象として見るようになり
女性と付き合ったりヤった事もあるけど
その間もおじさんに入れられたりするのを想像したりする。
なんか妊娠中に母親がストレスを感じたらこっちになりやすいって話を聞いた事があり
俺が産まれてすぐに離婚したんでそれも関係してるのかもしれない。
自分ではバイだと思うんだけど・・・

おじさんに日焼け止めを塗りたくられたり海で色々する話です。 無理矢理も強いですがダーク系ではないです。


中級ダンジョンで宝箱を見つけた少年ハルト。 しかしその宝箱はミミックだった! MP(マゾポイント)を好むミミックは、ハルトからMPを搾取すべく、無数のヌルネバ触手でくすぐり、未知なる快感に目覚めさせていく。


評価
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

前の記事

小学1年のときの話

次の記事

妄想だけど