後輩に犯された

今から話す内容は本当にやられた話です。
中学校2年生の時なんですが、俺は卓球部に入部し、後輩ができて夏の3年生大会が終わって先輩達が引退して今度は俺達が後輩に技術を教える立場になり、少し厳しくし担当した数人の後輩達に教えてあげたら、それが気にくわなかったせいで、大変な事になってしまった。
担当して教えてあげた5人のうちの3人の後輩一人Aは少しというか、かなり太った子がいて、もう一人Bは柔道初段を持っていてその子は痩せているが大会では賞をもらうぐらい上手で、もう一人Cの後輩は口が、たっしゃな奴だった、
そのせいかかなり僕は意地悪(厳しいトレーニングなど…)をさせた。
そのせいか、後輩達に犯されてしまった。
ある放課後、部活でゲーム「試合」を教えてる後輩達をグループとしてやった。
それは最悪 にも全敗した。
罰として、卓球台の片付けと数百個のボールの片付けが罰として先生から言われ、俺と後輩3人にやらされた。
卓球部は武道館という場所でやっていて一つの一角には畳が沢山重ねって柔道ぎも置いており、もう一つの一角には走り幅跳びで、使うマットや機械体操で使うマットがあり、マットの方に台をたたんで、置くようになっている。
先生、友達や部員達が着替えて「お先に」と、帰っていき僕たちは片付けを始めた。僕は疲れたといって台全て片付け終わってマットの上に仰向けで横になったら急に後輩達Aが上に乗ってきた。
そしたら、後輩達が俺の上に乗り始め、柔道やっている後輩が柔道の帯て僕の手と足を縛った。
俺は抵抗したがAが重すぎて動けなくなれた。
口たっしゃな奴は携帯を…それは、なんと、メモリーカードいりの写メ~ル携帯を手にしていた。
そして、急に体操服のTシャツを脱がされ、下のタンパンを脱がされそうになったので抵抗をしたが、結局パンツまで脱がされてしまった。
後輩の一人が「いつも意地悪するからいけないんだ。」「結構チンポ小さい方ですね~」と触りながらポツリと言いながら、引っぱたりされ、そして勃起させてやるといい、気安く俺のチンコをもみ始めた。
ついに勃起してしまった。
とても 恥ずかしかった。
そして一人の後輩がヌクってどんなことを、やるのと笑いながら言い、こうやるのかぁと言いチンポをこすりはじめた。
悔しくも止めろといっても聞こうとせず、俺はあ・ぁ・あぅ~と声がでてしまった。
そしたら、後輩一人が、何?後ろもかと笑いながら言い始めた。
遂に白い液体がピューと上に噴射しおなかの所についてしまった。
そこで後輩一人が写メ~ルで「記念」と言ってヌイた所を盗られてしまった。そして足りないから後ろも、と言い、指で積められてまたイッテしまい言葉があ・ぁ・あぅ~と声が出てしまい、「しょうがないなぁ~」と後輩一人がまた、前に手をやって上下にこすり始めた。また、液体がでて、後輩がもうでないから次行こうと言い、ハサミで陰毛を切り始めた。
俺はこれから林間学園があるから止めてくれぇーと叫んだが、それもムナシク、ツルツルに近いぐらいきられた。
また、それも写メ~ルで盗られ、また、明日から意地悪されるなら、まだ足り無いと言い俺を立たせ、足の帯がほどかれたが腹の方に巻き付けられ走れと言われ、全裸で走らされ、チンポに帯を付けられ引っ張りながら走らされ。
やっと解放されたが、次の日も部活終わり、委員会の用があって俺は職員室に行き、用事を終え、帰り際にトイレに行きたくなったので、トイレでようをたしていたら後輩3人がきて、「まだ終わってませんよ。放課後の部活は」と笑いながら言い、小便している最中にも関わらず制服のズボンを下ろされ、腰のところに手をやり、左右に揺らし始め、ようをたし終えたら急に大をする方の個室に連れ込まれ、剃刀をだし陰毛を剃られてしまった。俺は抵抗をしたが後輩Cが携帯を取り出し、メモリーから昨日のを写真を取り出し「これパソコンに移しインターネットに出そうかなぁ~」と笑いながら脅しはじめた。俺は悔しくもビビって、抵抗を止めた。
また、携帯を取りだしツルツルになったチンコを盗られた。
また、イカされた。後輩達がしつこく、次の日も部活中チンポを影でもみながら、「テントまだ出来ないの?」しょうがないから部活の放課後にしましょうか?」と言い、放課後、あまり使用しないトイレに連れ込まれ、行ってみるとサッカー部の後輩達が2人居た。
そこで俺はその後輩に「わっ本間にツルツルだと」言われ携帯で見た通りだと馬鹿にされ、イジラレ嫌な思いをした。後輩達は撮った写メ~ルメモリーをバラしていた。
俺は脅され続け、部活ある限りイジラレ続けた。
林間学園では友達に「おまえ、まだツルツルなのか?」とみんなに触られ馬鹿にされた。
とてもショックだった。
まだ3年生になってからもやられた。

今度は3年生が引退したあとの大会で犯された。
その大会では俺の事を脅し犯していた後輩Cの小学校時の友達で中学校が別々だったらしいが同じく卓球部であった。
なんと後輩Cはなんと俺の犯された写真をみせてたらしく、その、後輩までに俺は犯された。
大会の会場は地上2階立てで地下1階の建物の1階で大会行われた。
俺は大会の個人.団体戦まで時間があったのでトイレに行きたくなったので行った。
が、しかし後輩ABCに付けられてた。
俺はわざと、人が来ない地下のトイレにいった。
また、そこで後輩Cの友達にも犯された。
なんと、トイレ最中にも関わらずまたユニフォームのズボンと一緒にパンツも下ろされた。
Cの友達1人Dが「写真と一緒だ」といい。また、人のチンポをもみ、勃起させ上下にこすり始めた。
今度は「それも足りない」と言い、Dの生のチンポを後ろから積められた。俺は大きな声であ・あ・あぅ~と大きな声を出したら、うるさいからと言いAとBが俺の口に自分達のユニフォームとパンツを一緒に下ろしまだ生えてないツルツルのチンポを勃起させ口の中にいれてきた
Cは俺のチンポを舐めた。
俺は気もちくなってしまった。
そしたら、さわいだ罰として「ユニフォームのズボン下のパンツを履かないでやれ」といわれ、「どうせユニフォームの下トランクスだとはみでるからちょうどいい」と言われとられた。
大会ではコート後ろで試合待ちで体育ずわりで座っているとユニフォームのズボンのすき間、左の方からは玉袋が見え右の方にはチンポの先が出てしまいそうで見えてしまう。
そのせいか、女子生徒が通り指差しながら笑って通って行く人がいてその数が増えはじめたので観客席の自分の場所へ戻った。
自分の試合の時女子生徒に注目され緊張して負けてしまった。
帰りは後輩Cにパンツを返してもらう予定で犯されたトイレに向かった。
なんと一人で返しに来たらしくトイレで小便をしていた。
何も持たずドアの前にバックが置きっぱなしだったので、俺は今までやられ続けたのでやり返してやろうと思い、後ろから近づき、ユニフォームとパンツを一緒に下ろしてやった。
そしたら、後輩Cはビックリし「何するんですか」と怒り始めた。
しかし、俺は小便最中にもかかわらず脇のところに手をいれ引きずりながら大をする個室へ連れ込み、俺は「よくも今日までやってくれたな」と言いながらまだ生えてない、かわいい小さなチンチンをもんでやり勃起させ、犯してやった。
まず最初に上下にこすってやり後ろから俺のチンポを入れてやった。
そしたら可愛い声で「気持ちいいです」と言い「もっとやって下さい」と言ったので体育館が閉まるまで後輩Cのチンポを舐め犯してやった。
俺は記念に自分のカメラ付き携帯で写真をとり声も録音してやった。
しかし学校戻っても逆らう事が出来ず後輩A、BにやられCはあまりやらず見るだけになった。

先輩達が引退したあと、新1年生が入部し1ヵ月たち、いろいろと忙しくなり、体育祭の準備でおわれていた、そのせいかあまり俺は犯されることが無くなった。
たまたま準備で放課後、柔道をやっている後輩がトイレで小便をしているところへ俺はラッキーとおもい仕返しをやることをきめ、ジャージを後ろから下ろした。
そうすると後輩は「何するんだ。そんな事やったら写真バラすと」おどし始めた。
が、俺は今しか無いと思い後輩を犯してやった。
ジャージの下にタンパんを履いていたのでそれも下ろし、パンツも下ろし、股の下から手を入れ、もんでやり勃起させ上下にこすりあげ、俺は後ろの穴にも詰めてやった。
そして、個室へ移動させそしたら、おかしくも、「気持ちい」と言い「もっと入れて下さい、そこそこ」って言って感じ、「舐めて下さい。」と言ったので身体を倒してやり舐めってやった。
人がの声が聞こえたのでまた今度やろうと言い。なんか、仲良くなった気がした。
また、変な事に太った後輩がトイレにまた居た。
そこは理科の実験室の近くのトイレだった。
俺は放送機材確認で理科室へ行った帰りで、仕返しをまた今日やろうか迷ってたが実行した。
そく下半身のもの下ろし、股の間から手をやった。
結構小さかった。
そしてもんでやった。
最初抵抗していたが気もちくなったので抵抗するのを止めた。
白い液体がでたのでまた、時間が無かったのでまた今度といいやり返すのをやめた。
そして、体育祭が終わり、夏の大会に向け強化練習が始まった。
そこで新1年生達に後輩3人と俺1人でちょっとイケメンぽっい1年生2人を選び犯してみようとなり部活の放課後その2人に残ってと言い、みんなが帰りそして、1年2人にヌイたことあると聞いてみると 「言葉は聞いたことはあるけどやり方を知らない」と2人とも同じように答えた。
そして早速気もちくなりたい?と聞いてみると即答で微笑みながら「ハイ」と答えたので。俺と後輩3人でやる事にした。
まず最初にマットの上で仰向けに寝てと言い抵抗しないように柔道の帯で手と足を縛った。
1年生達は「早くやって下さい」と言ったので全裸にさせた。何も抵抗しなかった。

まだツルツルだね触りながらと言うと「ハイ」と言い。
今から気持ちよくしてあげる。
ヌイてあげると言い。
1年のチンポを もんでやったら気もちいです。 もっとお願いします。と2人とも声をあげてた。
俺と後輩は1年の勃起させたチンポを上下にこすってやった。
そうすると、いきよいよく俺達の顔に液体がかかった。
そうすると、俺も後輩達も勃起してたので1年の口に自分達のチンポを入れたり後ろの穴に入れたりしてやった。
一年はとても喜んでいた。

終わらせると、もうやらないのですか?と言い始めたので、また今度といい。その日は終わりにした。
次の日朝練で朝早く行くと昨日犯した1年生2人いた。
なんと今度は俺が個室に連れこまれ、犯された。
なんと1年生は昨日のお礼といい。俺は全裸にされ1年生2人も全裸になり3P状態になり、俺は寝た状態になり、後ろから入れられ口にも入れられたので俺もやり返しつつ気持ち良くなった。
それからは仲良くなってしまい、いつもやりやった。
そして無事に高校の方も合格し中学校を卒業した。

これで後輩に犯されたのは終わり。しかし高校に行っても先輩達にも犯された続けた。

写真撮影のために島を散策する倉田と案内する合。向かった秘密の入り江で、また体を重ねる二人。


評価
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

前の記事

はじめてのハッテン場

次の記事

優等生の性処理道具