優等生の性処理道具

僕は、某私立高校の2年生です。
僕はクラスで、性処理道具としていつも扱われています。
僕は朝早く行くんですが、教室にはいると、優等生くん2人ぐらいで勉強していますが、僕が行くと速攻で3Pさせられます。

普段はおとなしい2人ですが、僕を見ると気が強くなり、やられます。最初の方は、いやだったんですが、掘られた後は、もう病みつきです。

僕は男子校です。一応、有名私立高校ですが、僕はそんなに頭よくないんで・・・。
クラスは20人制で、優等生が16人くらいかな、あと劣等生が4人くらい・・。
僕はどちらかというと後者です。優等生とはあまり関わりありません・・。というか、悪い奴といつも行動していることが多いです。
でも、僕がやられている事は、その優等生2人と、その友達の一部しか知らないみたいです。
と、言うか僕の友達には言い出せないんですねぇ・・・。

先週一週間は、テスト期間中で僕は家に帰っていると、
その優等生二人が家に来たいというので連れて行くと、やられました。
少しは期待していた僕も悪いんですが、気が弱そうな顔していていても二人がかりだと僕も勝てないんで
アナルに入れられても顔射されても我慢しています。
今日は、欠席がたくさんいて僕はやられ放題でした。
と言うのも、クラスの不良組は全滅で、僕1人だけでした。
3限の体育は体育教師が出張か何かで自由でした。
で僕は、携帯で休んでいる奴に電話をしていると、突然奴らに携帯を取られ、
みんなから見えないようにカッタ-ナイフを近づけてきました。
いつもなら不良組と一緒にいるから怯えているのに、居ないのを良い事に襲ってきました。

周りに生徒が一杯居て、抵抗すると目立ってばれてしまうのが怖かったので、トイレに行くフリしていきました。
バスケ部の部室に連れて行かれて、鍵をかけられて、僕の体操着を脱がされました。

「ごろ~くん、溜まっているんじゃないのぅぅぅ・・・。」とAが言い
Bは「暴れると、傷つけるよ・・・。」と僕の顔にカッタ-ナイフを近づけてきました。

僕は観念して、やられるがままでした。
Aの勃起したチンポを舐めさせられて口内発射された後、Bの巨根もフェラさせられて発射されました。
Bの舐めているときには、口の中にはAの精子を口に含んだままにしろと言われて、頑張ったんですが、吐いてしました。

こいつらは中学生みたいな容姿なのに、チンポだけは大きくてくわえきれないぐらいです。
2人の精子を飲んだ後、Aはとっくに勃起していて、僕のケツ穴にロ-ションを塗ったデカチンを挿入してきました。
僕は「痛い!!」と言っても入れてきて根本まで入れられてシコシコし始めました。
最初はとても痛いんですが、だんだん痛みが感じなくなってきて快感になってきてしまって、おまけに、Bが僕の立っているチンポを強引に掴んでしゃぶられました。

僕がイクまで2分。いっぱい発射してしまいました。
Aは僕の中に出してきました。

ドッジボールの勝負で負けてしまい、授業後に他の男子たちの前で全部脱ぐように命令されてしまう悟。まだつるつるで皮に包まれたかわいらしい部分をケータイのカメラで撮られ――。


評価
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

前の記事

後輩に犯された

次の記事

中学2年