中2の修学旅行

僕の初体験は2年前の中学の修学旅行でした。
どこの学校も大差ないと思いますが、僕の学校も修学旅行の最後の夜は先生も割と大目に見てくれて、夜も見回りをしないというので、みんなオールナイトで遊ぶ予定でした。

夕食が終わると同部屋の奴らと、こっそり買い込んできたビールを飲みながら誰かが持ってきたエロビデオを部屋のビデオで見ていました。
1本目がおわったところで、3人がトイレに行き、1人は売店にジュースを買いに、もう1人別の部屋をのぞきに行きました。
部屋に僕1人だけが残り、次に見る予定のビデオのパッケージを見ているところへ、何かが転げるように部屋に飛び込んできました。

見ると、同じクラスのMが素っ裸で、両手で股間を隠して立っていました。
一瞬目が点になり唖然としてる僕に「ああ、よかった。ケイスケ君いたんだ。」とM。
唖然となりながらも僕はMのあそこに釘付け・・・。
Mはもうすでにちん毛も普通にボーボー状態でした。

ふとわれに返りなにか大変なことでもおきたんじゃないかと勘違いした僕はに「どうしたんだよ、その格好?」と尋ねると、「友達の部屋でトランプをして遊んでるんだけど罰ゲームで脱がされちゃったんだ。
ちょっと一緒に来てくれない?」。
「いまみんなでビデオ見てるところなんだ。」
もうすぐトイレに行った連中が戻ってくると思い僕はそう言いました。
そう言いながら僕の視線はMのちんこに釘付けでした。
Mはクラスで一番のタイプな奴で可愛くて笑顔がめちゃくちゃ似合ってる奴でした。

そのMがちんぽも丸だしで僕の目の前にいるのです。
「わけは後で話すから、とにかく来て」とMは僕の手を引っ張って部屋のほうへと促します。
Mが素っ裸になってるぐらいだからほかの奴もひょっとしたらという思いが胸をよぎり、僕は訳のわからないままSの泊まる部屋に行くことにしました。

Mの部屋へ行くと、僕の目は再び点になりました。
そこにはMを入れて6人の男友達がいたのですが、これが1人を除いて全員素っ裸でした。
口をあんぐり開けたままで入り口につったってる僕にMが「早く入れよ、さぁ早く」と急かせます。

「一体、みんな何やってたんだい?」僕が半ばあきれた風に尋ねると、そのMが事情を説明してくれました。
つまり・・・6人は食事の後部屋でトランプをはじめ、負けた奴は罰ゲームで服を1枚脱ぐことにした。

そのうち、結局みんな裸になった頃、6人のうちただ一人フェら経験のあるMが、あんなに気持ちのいいものはないと自慢話を始め、何がどうなったのか次のゲームでMが負けたらみんなにフェらをするというめちゃくちゃな話になったそうです。
Mも負けると思ってなかったらしいが、本当に負けてしまい、手伝い連れてくる!と言ってなぜか僕を選んだみたいです・・。

要は僕はMの罰ゲームの尻拭いするために呼び出されたわけだった。
僕はその頃にはすでにホモでオナする時も男の事とばかり考えてオナっていたくらいだから少し嫌がってたフリをしただけで内心「やった!!」と喜んでいた。
それに当時僕は童貞だったし。。。

そのMが「それでね、約束して欲しいんだけど・・・」と僕に言いました。
その約束というのは、このことは誰にもしゃべらないこと、俺達の秘密にしようぜ!と誰かが言い出し、みんなが乗り気だったのには僕はすごく驚きました。
僕が返事する間もなくMが「それじゃ脱いで」と僕の後ろからベルトに手をかけようとしました。

部屋の真ん中に布団が敷いてあり、ほかの5人はそのまわりにすわって、初めて目にする男同士のフェらが始まるのを待っています。
「いいよ、自分で脱ぐから。」僕はすでにその気になっていました。
目の前に今までオナネタになっていたクラスメートが6人いれば当然でした。
Tシャツを脱ぎパンツ1枚になると5人の方を向きました。
僕のチンチンはすでに十分なくらい勃起してて、ちょっと恥ずかしかった。
友達からは小声で何か言っているのが聞こえていたが僕はフェら出来ることが嬉しくて。
「じゃあまずはT君からね」Mが膝立ちになってMが恥ずかしそうにT君のちんぽをフェラしだした。
周りからは「オォー」と歓声があがっていた。
僕はMのフェらをしている姿を見て益々興奮してしまった。
「お前もMみたいにフルチンになれよ」と言われ僕も脱ぐ事にした。
僕のパンツを降ろすと勢いよく飛び出しました。
その途端、観客の5人からは拍手とわぁーという声。
「勃起してやがるー、お前ホモかよ」言われ、僕は「最近抜いてないからなぁ」と答えておきました。
そんな僕を見てMはケイスケ君エロィと笑っていました。

素朴で弟系キャラの「かえで」くん、初撮りオナニー!!最近男に目覚めたばかりで、エッチなことに興味津々!!インタビューでは今までのSEX体験を赤裸々に告白!まだ自分でも感じるのかくすぐったいのか(笑)わからない乳首を変態スタッフにイジられ恥ずかしそうなかえで君、緊張しまくりなので普段やっているようにオナニーしてもらいました!!お気に入りの動画を見ながらシコシコしてると即勃起!!見た目に反してなかなか立派なチンポ!!変態スタッフに乳首を責められながらシコシコして濃厚ザーメンドロっと発射!!最後は自分のザーメンをテイスティング!!


Mと5人はさすがノンけだからかぜんぜん恥ずかしがらず、平気でチンチンにさわろうとするのです。
Mは「T君のちんぽ大きくて口が疲れるよ」なんて普通にフェラしていました。
「早くケイスケもフェらしてくれよ」そして僕もいよいよ仁王立ちの友達のチャックを下げてちんぽを出して・・・
はじめてのチンポを目の前にして僕は興奮しまくりでした!!
Mと僕、2人四つんばいになってちんぽをフェラします!!横目でMのことを見ながら僕も始めてのフェラを。。
「ケイスケ早く」とせかされ、僕は友達のちんぽを口に入れます。
僕の口の奥に入っていくにしたがって生暖かい感触が僕の頭のてっぺんから足の指先まで包みました。
ちんぽを目の前にするだけですでに興奮状態だった僕は、もうビンビンの領域を超えてました。
クチュクチュ音を立てながら僕とMが四つんばいになって男のちんぽをフェラしています。
Mは目を閉じて丁寧にフェラしていました。
僕も初フェラだし、しかも!!友達のちんぽ!僕は丁寧にしっかりフェラしました。
もちろん玉袋も音を立てながらしっかり舐めちゃいました☆
待ってる友達からは「ケイスケすげぇ~!俺もケイスケにしてもらおぅっと」そんな声が益々僕を興奮させました。

ものの1分もたってなかったでしょう、横で騒がしくなりました。
「やばい俺イキソウ!M口から離せ!」聞こえてきました。
Mは驚いていて口から離すのが遅くなり、Mの顔に友達のザーメンがびっしりついてました。
「うわぁ汚ねぇ(笑)」
Mはほんとに必死に洗面所に飛んでいきました。
そんなMを見てみんな大笑いでした。

「ケイスケ、ちんぽについたザーメン舐めてくれいな?」と僕の顔に近付けてきました。
僕はもう興奮状態だったので、周りも気にせずザーメンまみれのチンチンをフェラチオできれいにしました。
「絶対ケイスケホモだよ」そんな事を言われてもその時の僕はお構いなしでした。
「俺のケイスケを使うなよ」とさっきまでフェラしていた友達が僕の顔にちんぽを近付けてきました。
「2本同時にすればいいじゃん」「ケイスケしっかり俺の舐めてくれよ(笑)」と言われ僕は無言のまま2本同時にフェラしました。
この時僕はほんとうに興奮状態で幸せでMの事なんてすっかり忘れていました。

この後一度いった友達は満足したのかMの様子を見に行きました。
僕は再び友達のちんぽ一本を必死にフェラしました。
「もっと激しく舐めれる?」と聞かれ僕はうなずくと、僕が本能の赴くままに口激しく前後しました。
「あぁヤバイ!フェラ気持ち良すぎ!」そう言うと僕の頭を掴み友達も腰を激しく振ってきました。
僕の喉の奥まで友達のちんぽが入ってきて吐きそうになったけどここで我慢したら股フェラさせてもらえるかも!?と思い必死に我慢して、友達のちんぽをくわえ続けました。

息遣いも激しくなってきて「あ~」と叫びながら僕の口の中で友達はいってしまいました。
始めてのザーメン!!あの味はいまでも忘れられません!!生暖かくて、臭くてほんとおいしかったです。
「ケイスケ大丈夫か?ごめんな」僕は幸せの絶頂で少しうなずき、「ケイスケ口開けて見せて」待ってる友達が言ってきました。
僕は口を「あぁ~」と開けて見せました。
口の中にザーメンがあるのを見ると、見学者の4人からは拍手の嵐。
Mともう一人の友達は洗面所に行って以来、途中でいなくなってました。

その後、僕は少しだけ口から出すフリをして残りはもちろん飲み込みました。
残りの友達ももちろん僕一人でフェらをして、終わった友達は記念にと言いながらフェらをしている僕の姿の写真を撮りまくりました。
友達の亀頭が僕の口に入ったままの友達がVサインしてるところや4人の裸が今もアルバムに残っています。
修学旅行後も友達がたまに僕にフェラを頼んできたりしてました。
今でもあのときの事を思い出しながらオナしてます。

ショタくんとおじさんが夏旅行で旅館に泊まって温泉でエッチをしたり浴衣でエッチをしたり… おじさんはショタくんのことが大好きな一方でショタくんはおじさんのことをキモイと言ってはいるのだが…


コメント

タイトルとURLをコピーしました