中学の合宿で特大の巨根の友達の大迫力オナニーを目撃

中学の時、クラスに研太ってやつがいました。そいつは入学した時からデカチンの噂で結構有名なやつでした。
身長は普通ぐらいで、細くて華奢な体つきでした。トイレで、隣りに行って見せてもらった事もありましたが、
亀頭がズルムケで、亀頭の重さでペニス全体がビヨーンって下に引っ張られているような感じに見えて、
ずっと頭に焼き付いてしまいました。研太のモノは、平常時でも圧倒的な大きさでした。

修学旅行の時、どういう訳か、なかなか部屋割りを決められなかったのですが、理由は、ほとんどのやつは分かっていた
と思います。研太と同じ部屋を希望するやつが多かったのです。
で、一日ごとに別の部屋割りにして、決まった人とだけ仲良くしないで、誰とでも仲良くなるようにしよう、っていう提案を
した人がいて、そうすることに決まりました。
だから、研太と一緒の部屋になれたのは一回だけでした。
僕は、最初の日は研太と別の部屋でしたが、何回か部屋に遊びに行きました。でも、消灯の時間が過ぎてから、
研太がオナニーするのを見た、凄かったと聞いて、自分も研太がデカチンでオナニーするのを見て見たいと思いました。

次の日の朝から、そればかり考えてアソコが何回も立って来ました。
やっと研太と同じ部屋になって、みんなが、誰からとなく
「研太でかいチンコしごいて見して」
って、話しになりました。研太は
「みんなでやるならいいけど」
って言って、みんな研太のチンポが勃起したところや、射精するのを見たかったので、みんなで一斉に脱いでオナニー
しました。

研太のペニスは、パンツを下ろすと、ぼってんぼってんと飛び出して来て、全然立っていませんでしたが、平常時でも、
二番目に大きかった友達の、少なくとも倍以上の長さと幅があって、体が動く時に、柔らかいチンポが、ゆっくりと、
大きくしなやかに揺れて、他の友達とは全然違って、AVに出ている大人もかなわない程の迫力に、恐ろしささえ
感じました。

みんな
「うわ」
「すっげー」
「やばすぎだよ、研太のチンコ」
と言って、次々とオナニーを始めました。

研太の圧倒的なペニスを見て、みんな興奮してきたのです。僕の父親のよりも、他の、どの友達の父親のよりも、
堂々としたモノが、柔らかくぶら下がっていました。
肝心の研太は、なかなかオナニーを始めませんでした。

乳首を触ったり、前戯のように金玉を触っていました。研太は中学生の時から胸毛や乳輪の周りに毛も生えていて、
金玉と玉袋も大きくぶら下がっていて、金玉は僕の三倍か四倍はありました。僕はその当時から、金玉は大きい方
ではなかったと思います。

研太が乳首を触っていると、研太のチンポもブワーッと一気に上に向かって力強く勃起して、物凄い迫力でした。
大人顔負けの、成熟しきった勃起ペニスで、先走りがどんどん溢れ出ているので、ヌルヌルと黒光りしていました。

研太は、金玉や乳首や、胸を、いやらしい手つきで触りまくって、先走りが胸の上から膝まで濡らしまくっていました。
チンポをしごかなくても、あんなに勃起して濡れるなんて、凄いと思いました。

みんなが、研太を見ていました。僕も、研太のチンポと一人前戯に、釘付けになっていました。余りの迫力に、
自分のモノをしごくのを忘れていました。
気がついて、またしごきだしたら、十秒もしごかないうちに、いってしまいました。それまで感じたことがない程、
興奮して、あんなに気持ち良く射精したのは、初めてでした。
研太には全然かないませんが、今までで一番たくさん出て、一番遠くまで飛んだのは、その時です。今でも、
研太のオナニーの前戯を想像しただけで、オナニーしてしまう僕です。他のみんなも
「あー、やばい。出る」
「すげー。こんなすげーの初めて見る」
とか言いながら、次々に射精しました。

肝心の研太は、まだまだシコシコやらないで、一人前戯で感じまくって、先走りで体や体の下がぐちょぐちょ状態でした。
大分たってから、研太は図太いペニスをしごき始めました。
長いペニスだから出来るやり方ですが、両手を上下に連結させてしごいたり、金玉の部分まで先走りがカバーして
行くのをピチャピチャ言わせて金玉を転がしたりしながら、そそり立ったペニスを、クッチャクッチャといやらしい音を
鳴らして、しごいていました。

射精しないで、シューコシューコ、クッチャンクッチャン大きな音を立てて、長いピストン運動を続けていました。
先走りが、次々と溢れ出て来て、時々それを胸の胸毛の部分にヌルヌルと塗って、胸を光らせながら
「ハアー。ンー。アー。」
と、声を出して、大きな快感を味わって、快感の強さに耐えながら、長い時間をかけてチンポをしごいていました。

それに合わせて、大きな金玉と玉袋が、ユッサッ、ユッサッ、ブーラッ、ブーラッと大きく揺れてていました。
他の友達の中には、一回出してから、また興奮して、もう一回しごいて、また射精しているやつもいました。他のやつも
「また立ってきちゃった」
とか言って、チンポをいじっていましたが、もう完全なビンビンの勃起はしていませんでした。

ついに、研太も
「あー、いきそう。いきそう。いく。いく。」
と言って、長いモノをますます早くしごいて
「おう。おう。ンー。あっ。あっ。おーう出る。おーう出る。」
と雄叫びを上げて、ザーメンを噴出しはじめました。

最初の二、三発ぐらいは、ピューッ、ピューッと出て、他の友達と変わらない細めの射精でしたがほっぺたや耳に飛んで、
次は首や胸に飛んで、その次は、なんと、頭から額や顔の全体に、プッシュウーッ、プッシュウーッ、プッシュウーッと、
まるで小便のように、三秒ぐらいかけて太く勢い良く出続ける射精が、何回も繰り返し続いて、みんなが
「何これ?信じらんねえ」
「まじ?まだ出んのかよ」
と、あっけに取られているうちに、最後は、乳首の辺りに、ドックン、ドックン、ドックンと七回ぐらい出て、それでも、
まだビンビンに勃起したままで、全く収まる気配がなかったのです。

気がついたら、他の部屋のやつも見学に来ていました。ドアの所には、先生が入って来そうになったら合図できるように、
リーダー格の一人が立っていました。研太は、ティッシュで拭き始めました。

「結構興奮した」
とかしゃべると、顔じゅうについたザーメンがドロドロたれて来て、胸についているザーメンとつながって、納豆が糸引いて
いる状態を、もっと太く白くしたような状態で、顎の下の首の前につながったザーメンの帯が、しゃべって口を動かすと
同時に伸びたり縮んだりしていて、異様な風景でした。

時間をかけて、ティッシュをたくさん使って拭いたのに、研太のペニスは全く小さくならないで、首に向けて最大限に
勃起したままでした。みんな
「すげー。まだずっと勃起してる」
とか、驚き通り越して、あきれ返ってしまっていました。

研太は
「駄目だ。これじゃ、まだパンツからはみ出しちゃうしズボンはけねえや。もう一回やってもいい?」
って言ったので、みんな
「別にいいけど・・・・」
って感じでした。

また乳首から触り始めて、最初からやり直しでした。驚いたことに、先走りが、一回目の時よりも、もっと強い勢いで、
まるで射精するように、ピュウッ、ピュウッと出ていたのです。でも、射精ではなく、透明な先走りでした。

そして、一回目よりも短時間で射精に達しました。でも、恐ろしいことに、一回目よりも高く飛ばして、まだまだ
たくさんのザーメンが出て来たのです。
二回目のオナニーでは、研太は13回もザーメンを発射しました。

一回目の時は、発射回数を数え忘れましたが、二回目よりもずっと多かったのは間違いないです。でも、二回目も、
頭の後ろや、顔や髪にたくさんのザーメンが飛んで、こんなにたくさんの精液が、どうやってできるんだろうと、
あっけに取られてしまいました。

それから、よく見たら、下に垂れ下がって、オナニーに合わせて揺れ続けていた研太の金玉は、射精した時は、
ぐうっとペニスの方に引き寄せられて、その位置で何回も5センチ位の上下運動を繰り返していました。

ザーメンを出した後も、金玉の大きさは変わりなかったと思います。
一緒に風呂に入った時、研太はタオルで隠していましたが、友達にタオルをはがされて、丸見え状態になって、
入浴の係の先生も
「今まで20年以上教師やってて、こんなに大きなモノ持った生徒、見た事ない。大きいって噂は聞いたけど、
こんなに大きいとは思ってなかった」
と、驚いていました。


2人の消防官が心を交わせ連携し市民を守る為に毎日励むSEXトレーニング!


評価
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...