大家に調教された俺

大学時代のこと。
大学入学で、田舎から東京に出てきたものの、兄弟が多かった我が家では毎月仕送りできるほどの余裕はなかった。
奨学金とバイトで何とかやりくりしていたものの、やはり支出が多かったりする月は家賃が払えないこともあった。かといって、次の月に2倍払えるほどの収入もなく、少しずつ滞納分が増えていった。
2年契約の2年目の8月頃、バイトはなかなか増えず、家賃は30万円分ほどたまってしまっていた。
大家さんは優しい人であまり催促に来ない人だった。元スポーツ選手で大成しなかったために30代半ばで引退して、現役時代にためたお金でアパートを買って生活の足しにしているらしかった。
まあ、独身で、今考えるとガッチリとした「いかにも」という感じの人だった。
アパートの隣の敷地に大家さんの家があった。

そんな8月の家賃を払う日に、大家さんが家に来た。
「ちょっと、入れてもらえるかな」
断る理由もないので、上にあげた。大家さんは少し申し訳なさそうな顔で切り出した。
「すごく言いにくいことなんだけど…ちょっと滞納金が多いから、大家の僕としてはそろそろ払ってもらうか、出て行ってもらうかしてもらわなきゃいけないんだよね。シュンスケ君が苦労してるのはすごくわかるから、悲しいんだけど。」
予感はしていたものの、実際通告されてみると事態は深刻だった。
金はないし、バイトもなかなか入らない。仕送りは頼めない。でも、出ていくとさらにバイト見つけが大変になる。
「もう少しだけ、待ってくれませんか?来年の3月までにちゃんと滞納金がなくなるようにしますから。」
難しいと思ったが、とりあえずお願いしてみた。答えは意外なものだった。
「できないことはないけど、なんていうか、代わりにお願いがあるんだよね。」
なんとか突破口がありそうだった。ただ、次に大家さんの口から出てきたのは衝撃的な一言だった。
「もう、まあ、出てくかもしれないから打ち明けちゃうし、別に隠してるわけでもないから聞きたいんだけど、シュンスケ君って、同性同士のセックスとか興味ある?」
「…は?」
思わず聞き返してしまった。が、心当たりがゼロではなかった。カッコいいのに独身だし。
「もし興味あるなら、しばらくシュンスケ君を好きなようにしてよければ、それで家賃の相殺してあげられると思うけど。」
「愛人になれってことですか?」
思いのほかすんなりと愛人という言葉が出てきた。
「うん。でも別にホントに脅してるわけじゃなくて、断ってもすぐに出てけとか言わないけど。シュンスケ君かわいいと思っててさ。」
言われてみると、自分に興味があるのかわかんなかった。大家さんはカッコいいし、さわやかな人だったので、そんなに抵抗感がないのも事実だった。
「どんなことするんですか?」
内容を聞いてみようと思った。
「そうだな…変態に聞こえるかもしれないけど、シュンスケ君をどんどん調教していきたいかな。痛いこととかはしないけど、俺、少しS気味だから。」
「…少しだけ、考えてもいいですか?」
とりあえず、考えてみようと思った。
「わかった。興味なければ、忘れてもらっていいからね。もし、決心できたら、家まで来てくれ。」

その日の夜、大家さんの家の前に僕はいた。
(もし、やっぱり無理なら、断って、出ていこう。でも、大家さんみたいな人なら…)
そう思っていた。インターホンを押す。待っていたかのようなスピードで大家さんがドアを開けた。
「来てくれたんだ。」
彼は嬉しそうだった。中に入ると、小ざっぱりとした部屋で、整理整頓されたきれいな部屋だった。
部屋に入って、すぐに僕は言った。
「まだ決心がついたわけじゃないんですけど、物は試しと思って…」
大家さんは普通に笑って、
「そりゃ急じゃ無理だよね。今日で嫌なら、やめていいから。」
「はい…」
「じゃあ、始めようか」
大家さんは大きなベットのある寝室のドアを開けた。

寝室には大きなキングサイズのベッドが置いてあった。
「じゃあ、服脱いでくれる?」
大家さんは言った。俺はゆっくり服を脱ぐ。自慢じゃないけど、中高と運動部で締まった体をしてた。
「意外といい体してんだね。きれいな線だし。」
彼は腰に手を回して、撫でてきた。くすぐったいような、気持ちいいような感じだった。持ち上げられるようにして、ベッドに押し倒される。
彼のカサカサした指先が乳首を撫でてきた。女子とセックスしても、そんなことをしたことはなかったので、初めての感覚だった。しばらくすると、自分でも乳首が硬くなってるのがわかった。
「先が硬くなってるよ」
指先がそこを狙ってくる。
「あふっ」
体が少し反応してきてるのがわかった。体が熱かった。
「チンコこんなにしてる 笑」
彼の手が下に張って行って、俺のチンコを握った。ギンギンになっていた。
「あぁぁ!」
突然強い男性の手に握られて、びっくりした。彼の手はしごくというより、こねくり回す感じで、仮性の俺のチンコを剥いた。
彼の顔は下に降りて行って、玉袋を吸い始めた。
「ダメです!汚いですから!」
手で払おうとしたが、彼は気にせずチンコ全体を舌で愛撫していく。裏筋から、鈴口のところを舌で何回も往復されて、俺のチンコはもうぐちょぐちょだった。
「はっ…はうっ…あん!ダメ!あぁ…」
と彼の愛撫にそろえて声が漏れてしまう。ふと顔を話すと彼は剥いたチンコの首のところに指を当て、くりくりとひねり始めた。
一番敏感なところをそんな風にされて、思わず体を起こしてしまったが、刺激が強すぎて、シーツを握りしめることしかできなかった。
「あぁぁ!くはぁっ!」
射精とは違う何かがこみ上げてきた。
「だめ、漏れちゃう!止めて!止めて!とめてぇ!」
体がのけぞって、足が伸びきった状態で、俺は人生初の潮吹きをした。射精ではないので、勃起はしたままである。
彼はまだひねりを続けていた。
「あぁぁ…うぅぅ…また…出…る…!」
同じように体がのけぞり、二発目の潮吹き。男なのに女のように潮を吹かされて、あえいでる自分に驚いた。
(やばい…気持ちいい!もしかしたら…)
そんな感じに考えていた。
「二発とも結構な量だったね。」
彼は満足そうだった。潮(おしっこ?)とガマン汁でぬるぬるになった俺のチンコを彼はゆっくりとしごいていた。
射精できそうで、少し足りないくらいの絶妙なスピード。
「お願い、もっと早くしてくだ…さい…!」
のたうちながら、必死でお願いしたが、彼の手はスピードを上げなかった。
「気持ちいい…いけない…いきたい、いきたいよう…」
歯を食いしばりながら、必死で懇願するけど、全然だった。彼は手を止めると、今度は丸ごと口に入れてしまった。
「あぁん!」
女みたいにあえいでしまった。彼の頭を抑えたが、頭を抑えても彼の舌はどうしようもなかった。
舌は中で亀頭を舐めまわしたり、割れ目に差し込んで、動かしたりと、やりたい放題だった。
「あぐぅぅぅぅぅ、あぁぁ、だめぇぇぇ…」
体がのけぞったり、前に折れたり、横に振れたり、もうあえぎまくっていた。
彼はしばらく楽しむと、ピストンのように、口から出したり入れたりを繰り返し始めた。
10秒もしないうちに射精に向う俺。その状態でも、舌は亀頭をいじめている。
「出る!出ちゃう!大家さん!早く、口から出して!出して!」
必死でこらえるのも限界が来てるのに、彼はそのままピストンを続けてる。彼は飲み込む気だった。
「大家さん!いく!いく!いっちゃうぅぅぅぅ!」
体が反って、射精した。大家さんが思い切り、俺のチンコを吸うから、強制的に出されてるように、どんどん出ていく。
「あぁぁぁぁぁぁ…」
射精が終わるまで、ひたすらあえいでいたが、出し終わると、もう何もしゃべれなかった。
どんなセックスよりも激しく新しい快感を短期間に一気にぶつけられ、体中が疲れ切ってた。
「はぁっ!はぁっ!はぁっ!」
息が切れる。大家さんはしばらく俺の頭をなでると、ジュースを持ってきてくれた。
「今日はこれで終わり。明日以降来るかは自由だから。」
「はい…」
答えたものの、俺の答えは決まってた。さらに先に進みたくなってしまっていた。
一日で大家さんは俺を洗脳したんだ。

次の日、朝起きると、全身が疲れ切っていて、夕方まで寝ました。
そして、起きた後、僕は大家さんの玄関の前にいました。
(男同士でセックスするなんて、変だ…)と思っていたのに、昨日の快感を考えると俺は我慢できませんでした。
チャイムを押します。

「来たんだね。」
大家さんに向え入れられた俺は昨日と同じベッドルームに入りましたが、俺は驚いてしまった。
ベッドの上にはいろいろな長さ、形の棒が並んでいました。
「今日はこれ使って、シュンスケ君を女にしてあげるから」
本来なら、アナルを開発されるなんて辱めは受けたくないはずでしたが、昨日の快感を与えてくれた彼への信頼感からか、断る気になりませんでした。
「はい…」
俺が答えると彼は俺を連れて、風呂場に行きました。
「しゃがんで、うんこする時みたいに、力んでみて」
俺が力むと、シャワーを当ててきました。彼は丁寧に洗っていきます。
「うぅぅぅ…」
浣腸されてるみたいに洗浄されてる感じがあります。

洗浄が終わると、ベッドに戻り、四つん這いになります。
彼がオイルを手に付けて、背後に入るのが見えます。肛門に指が当たって、ヒヤッとしました。
丹念にアナルに塗り込まれます。この時点で少し気持ちよかった。
しばらくすると、するするするっとアナルに彼の指が入ってきます。
「はぁっん!」
体がビクッとしてしまいます。彼の指は最初は出し入れされるだけでしたが、少し経つと少しぐりぐりと拡げるようにいじってきました。
「あ、ちょっと!…あうぅぅ…」
指1つとはいえ、アナルの中をかき回されるのは初めてでどう耐えればいいかわからなかった。
俺はシーツをギュッとつかんで、耐えていた。気持ちがいいのか、痛いのか、くすぐったいのかわからない感覚だった。
唐突に彼が指を一気に引き抜く。
「わぁぁ!」
突然、抜かれて、強制的にうんこをさせられる感じだった。
彼が指2本にオイルを塗りたくってる。
(まさか…)と思ったと同時に、指が2本入ってくる。
「ぐぅぅぅ」
歯を食いしばる。同じようなピストンでも異物感が全然違います。直腸に詰まってる指がピストンされるだけで、壁が擦り上げられるようで、頭までズーンと響く快感が走ります。
気づくとすでにチンコはビンビンになって、汁が垂れていた。
彼の指が中で曲がる感覚の後、チンコの裏を彼の指先がぐりぐりと擦る。所謂前立腺だ。
「だめぇ…」
話す暇がないくらい快楽が次々と襲ってくる。その前立腺の中でも感じてしまう場所があって、そこを擦られると我慢できない。
「はぁはぁはぁ…あっ…はぁ…はぁ…あんっ」
みたいに声に出てしまう。彼は満足したように指を引き抜くと、3本に増やした指で丹念に穴を拡げた。
アナルが指3本を飲み込むくらいに拡がってしまったのだ。

彼が十分に拡げた後、彼が俺を上に向かせる。彼はギンギンになった、彼のチンコにオイルを塗っていた。
光る彼のそれはとても大きくて、黒かった。筋が立ってて、エロかった。
「入れるよ。」
「はい…お願いします」
俺はもう待ち遠しかった。彼が開発してくれたアナルを犯されたら、俺はどうなっちゃうんだろうと考えていた。
彼はゆっくりと中に入れてきた。指なんかとは比べ物にならない大きさ、熱さ。そして、今までとは違い、少し凹凸があるのをアナルで感じた。
「うぅぅぅぅ…」
息を吐きながら、腰あたりがジンジンする不思議な快感に耐えていた。
彼はズン…ズン…とゆっくり突いてくる。
(犯されてる…男に掘られてる…)
と考えるだけで、興奮した。彼のテンポで快感が襲ってきて、もう黙ってられなかった。
「あっあっあっあっ…」
彼がつくたびに、「あっ」っと声が漏れてしまう。
彼はしばらく慣らした後で、突然激しくなった。ガンガンとさっきの俺の弱点周辺を突いたり、こすり上げたりしてくる。
「あうっ、はげっし…い…、はんっ!はぁっ!うっ!あんっ!」
女子のようにあえいでしまう。何しろ、チンコを入れられている。俺はもう彼の女みたいだった。
「あぁぁ!あぁぁ!」
彼のリズムであえぐ。彼のチンコが奥の方まで入り込んでくると、おなかの中を突き上げられてるみたいだった。
「ダメ!激しすぎ!いく!いく!いく!いくぅぅぅ!」
俺のアナルが締まると彼も
「いい。俺もいく…!」
と中にぶちまけた。俺は
「うぁぁぁぁっーーー!」
と雄たけびをあげながら、たくさんの精液を周りに体にぶちまけた。

事が終わり、彼がチンコを引き抜くと、どろっと彼のが流れ出ていく。
彼のセックスの激しさのせいで、俺はアナルを締められず、流れ出る彼の精液を止められなかった。
「はぁ…はぁ…」
俺がベッドの上でぐったりしてると、彼は俺をなでながら、言った。
「今日はこれで終わりではないよ。」

大家さんはぐったりしている俺をうつぶせにした。
「締まらないうちにちゃんと開発しとかないとね。」
彼は俺の手足を軽く拘束した。足は折り曲げて縛り、手は後ろに縛られた。
「これは…」
俺が恐くなって聞くと
「これからするのは苦しくなるくらい気持ちいいから、抵抗できないようにしとかないと。でも、これを乗り切ればいろんなことできるようになるから。」
「はぁ…」
俺は内心少し期待してしまっていた。オナニーしたときは1回出すと、もうする気もなくなるのに、まだ全然気持ちよくなりたかった。
彼は太いチンコの形の棒をとった。彼のくらいあるその棒にオイルを丹念に塗る。
彼は俺を仰向けにすると、ゆるくなっている俺のアナルに太い張形をねじ込んだ。
「あうぅ!」
貫かれる瞬間の衝撃が突然来ると、痛いわけではないが、苦しくなってしまった。
彼はその太い張形を出し入れした。ズコズコと貫かれる。気持ちいいんだけど、すごい異物感で苦しい。
「あぐ!あぐ!ぐぅ!ぐぅ!」
押し込まれるたびに叫んでしまう。さっきいったばかりのチンコがビンビンになっているのがわかる。
「だめ、壊れる…止めて…」
脳みそが破壊されそうだった。気持ちいいのか、苦しいのか、もう全然わからなかった。
チンコの先から、精液がじわじわと漏れていく。常時いってるみたいな状態。
「いく!いくぅぅ!」
体がのけぞって、一気に絶頂する。彼は手を止めた。
「はぁ、はぁ、はぁ…」
もう、意識が飛びそうだった。彼は奥まで張形を押し込むと、中に入ったままにするように器具で止めた。
「え?」
俺が次はなんだ考えていると、カチッという音がした。張形が震え始める。これはバイブだったのだ。
「あぁぁぁ…だめぇ…」
腰全体を振動が伝わる。アナルだけじゃなくて、チンコまで伝わってくる。彼は椅子に座ってみている。
「はぁぁ、はぁぁぁ…」
もう立たなくなったチンコからも、とろとろと精液が流れる。体はべたべただった。いきんでも、バイブは外に出ず、いくとアナルが締まって、さらに追い詰められる。
「い……く……」
もう体が飛び跳ねることもない。少し身震いするだけだった。
「また、いっちゃう…死んじゃう…」
今度は静かに体がのけぞって、ゆっくりいく。もう限界だと思った時、彼はバイブを止めて、引き抜いた。声も出ず、体がヒクッとだけした。
「よく頑張ったね。これでおしまい。」

彼は僕の体を風呂で洗った。彼の手が触れるだけで、感じてしまう。全身が性感帯になったみたいだった。
きれいに洗われた後、彼のベッドの上で寝てしまった。
もう動けなかった。

次の日、初めて僕は自主的に大家さんの家へ行った。
体の節々が痛かったものの、性欲は抑えられなかった。
彼は僕を迎え入れて、どのようなプレイをしたいか聞いた。
「シュンスケはもう開発が終わったから、だいたいのことはできるよ。」
俺は恥ずかしかったけど、自分の考えを口にした。
「本気でセックスしてみてほしいです。」
俺は彼が手加減しているのを知っていた。一度、全力で彼を味わってみたかった。
彼は静かにベッドに座った俺に、キスをしてきた。彼の舌が入ってくる。
「ん…!」
びっくりしたけど、受け入れた。10個以上年上の男の人のキスを難なく受け入れてしまった。
彼はキスがうまかった。舌を吸ったり、口の中を犯された気分。
彼はそのまま、俺のTシャツを脱がすと、横たわらせた。彼もTシャツを脱ぐ。
彼の体は固くて、大きかった彼のキスを受けながら、彼の体に手をまわしていた。
何分続いたかわからないキスが終わった後、俺は上半身に情熱的に愛撫を受けた。
乳首へのキスから、脇に這う手、首筋を舐められて、俺は愛撫を受け続けた。
彼は俺に舌を脱ぐように言うと、自分も脱いだ。彼のチンコはギンギンにたっていて、反りかえっていた。
「シュンスケにそんなこと言われて興奮しちゃった。しゃぶってくれる?」
たしかに、彼のそれは昨日よりも大きく、固そうだった。彼の男の臭いが鼻をつく。俺は初めてのフェラをした。
女子がするように丹念になめまわしていく。普通ならいやだろう、彼の臭いが興奮させてくる。
(ああ、俺はゲイになったんだ…)
俺はそう思いながら、彼のを頬張った。彼は一向に射精はせず、俺の下手なフェラを楽しんでるみたいだった。
彼はうつぶせになって、69みたいな体勢になると、俺のアナルを拡げはじめた。
昨日散々に犯されたアナルはいとも簡単に広がってしまって、俺は先走りをしながら、悶えた。彼の指が俺の中を掻いていく。

「じゃあ、始めようか」
彼は俺の口から引き抜いて、正常位になり、彼の大きなチンコを俺のマンコに挿し込んだ。
「あぁ…」
彼のチンコが奥まで入ってきて、リズミカルにピストンする。貫かれる感じで、抜いては入れてきた。
「あん!あん!…」
声が出始める。彼は3回ぐらい浅く入れて、1回一気に深く挿し込んだ。浅めの回で高まった期待を深い1回が解放していく。
「んっんっあぁぁっ!」
と、恥ずかしさも忘れてあえぎ続けて、短い間にいってしまった。
「い…く……!!!」
俺はいっても彼はいってなくて、より激しく犯された。1回1回深くえぐりこんでくる。あえぎながら、彼の射精を待つ間にも、何回もいって、俺のチンコはぐちゃぐちゃになっている。
彼はしばらくすると、挿し込んだまま俺を上にのせて、横になった。騎乗位だ。
自分の気持ち良いところにあてることができる。でも、自分で快楽を認めて腰を振らなきゃならなかった。
「あんっあんっあんっ」
彼の上ではねながら、あえぐ。1回彼の上で痙攣するくらいの絶頂を迎えたけども、彼はいかない。
アナルは俺から出た液で、はねる度に、ぐちゃぐちゃと卑猥な音をたてる。
彼はしばらく休めたのか、1回抜いて、俺を四つん這いにさせた。バックでつき始める。
彼の太くて長く、反りかえったのを、後からえぐり込まれると、息がつまりそうだった。
「ぐぅぅ…」
鼻水を垂らしながら、あえぐ。
俺がいくたびにアナルが自動的に締まって、さらに気持ちいいが、苦しかった。
普通にしてても快楽でダメになりそうなのに、アナルを締めないと彼がいく前に死んでしまいそうだった。
彼が少し速くなって絶頂の準備に入った。彼のチンコがどんどん張ってきて、アナルがいっぱいになる。
「あぐ、あぐ…苦し…い…」
俺は意識が飛びそうな中、彼の絶頂に備えた。昨夜の経験でいくときに彼のは大きく波打って、俺はそれでいってしまうから。
しばらく、死にそうになってる時、突然彼のが波打った。
「いくよ」
彼が俺の中にぶちまける。
「いくぅぅぅぅ…」
俺は彼がすべて出し終わって、腰を話すと、前に倒れ込んだ。
足はつりそうで、体は疲労でうごかなかった。
恥ずかしいけど、俺は失禁してしまった。
「今日はもうこれ以上できないな」
彼は満足げに言って、俺を浴場に抱いていったが、俺は全く動けず、彼の手が俺の体をなでて、アナルをかかれるたびに、あえいでいた。

簡単に、刺激的。コスプレに最適!適度な重さと質感。


評価
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...