汚れ専デビュー

最近、ついに汚れ専デビューしちゃいました。 場所は川○、六○土○の橋の下です・・・

その日、僕は声をかけておいたホームレスと、夜中の二時過ぎに橋の下で待ち合わせをしたんです。

(本当に来てくれるのかな?) 僕の胸は期待と不安でいっぱいでした。 すると橋の向こうからこちらにフラフラと近づいてくる人影が・・・しかも三人?

僕の興奮は不安に変わっていました。 (ど、どうしよう?三人も・・・) いざとなるとやっぱり怖気づいて脚がガクガク震えだしました。 (やっぱり、やめよう・・・) 僕はここに来てしまったことを、猛烈に後悔していたんです。 でも、もう手遅れでした・・・

「へーーっ、本当に来たんだな?せっかくだからツレも二人呼んできたんだ・・・」 薄暗くて顔はよく判りませんが、一人のホームレスが僕に近づいてきました。

しかも、三人ともすでにズボンをズリ下げ、勃起したチ○ポを握り締めているんです。 それに、かなり興奮しているみたい・・・

「ほらっ、早くしゃぶれ!」 ドスの利いた低い声で命令口調でそう言われると、もう、どうすることもできませんでした。

僕はその場でひざまづき、ホームレスの股間に顔を近づけました。 (ウッ、ウゲーーッ!) きついアンモニア臭に、僕は思わず顔を背けようと抵抗しました。 でも、他の二人のホームレスに身体を押えつけられ、身動きが取れなくなってしまったんです。

「俺たちみたいな汚れた男の臭いチ○ポが好きなんだろっ、ええーーっ!」 ホームレスは容赦なく僕の口の中に硬く勃起したチ○ポを押し込んできたんです。

(ああーーーっ!ホームレスのチ○ポ、口の中いっ・ぱ・い・・・) ンムッ、ブムッ、ムッ・・・ 誰もいない静かな橋の下に、いやらしい音が響き渡りました。

その瞬間、僕の身体を電流のような激しい刺激が駆け巡りました。

それから、僕は三人のホームレスたちにいいように弄ばれ続けました。 生温かくてドロドロの精液を口の中に出されたり、顔にかけられたり・・・

三人のホームレスたちは溜め込んだ精液をたっぷりと吐き出して、満足しきって帰っていった。

そして、その場に一人取り残された僕は、意識が朦朧として立ち上がることさえできませんでした。

(ど、どうしよう?ホームレスのチ○ポしゃぶっちゃった・・・) 心では後悔していても、淫乱な僕の身体は熱く火照って震えがしばらく止まりませんでした。 そして、僕がホームレスたちとの淫らな行為の余韻に浸っていると、背後から人の気配が・・・

「へへっ、に、兄ちゃん、いいモン見せてもらったぜ・・・」 振り返るとそこには、別のホームレスが立っていました。 声の感じではかなり年配のようですが、顔は暗くてハッキリとは判りませんでした。 どうやら、僕とホームレスたちの行為を陰からこっそり覗き見ていたようです。

「あんなの見せられたら、たまんねーよ・・・」 年配のホームレスはハアハアと息を荒げながら、僕の目の前に腰を突き出してきたんです。 (こうなったら三人も四人も一緒だ・・・)

「いいよ、おじさんもチ○ポしゃぶってあげる・・・」 僕はホームレスの股間にそっと手を伸ばしました。

(す、凄い!もう、こんなに・・・) ホームレスのチンポはまさにビンビンでした。 それはズボンの上からでもハッキリと判るくらい、すでに硬く勃起していたんです。 「かたーーい・・・」 僕は思わずそう、つぶやいていました。

「ふうーー。た、たまんねぇや・・・」 ホームレスはもう我慢できないといった感じで、その場でズボンとパンツを脱ぎ捨てました。

僕は仁王立ちになったホームレスの足元にしゃがみこみ、股間に顔を近づけてみました。 すると、鼻をツーーンッと刺激する噎せ返るような異臭が漂ってきました。 それに暗くてよく見えないけど、ホームレスのチ○ポがビンビンに反り返っているのがなんとなく判りました。

サオを強く握り締めてると、ホームレスは気持ち良さそうに大きく息を吐き出しました。 「ふうーーっ・・・」

僕はその太さと硬さに、思わず生唾を飲み込んでしまいました。

(で、でかい!それに凄く熱くて硬くなってる・・・) 長く伸ばした舌先で、最初は先端をチロチロと刺激してみます。 ピチャピチャと音を立てながら亀頭を舐め回していると、滲み出したガマン汁がいやらしく糸を引きました。

(ああーーっ!これ!この臭い・・・) さっきのホームレスたちと似たような、いえ、さっきのホームレスのチ○ポよりも数段キツイ臭い・・・ そして、舌先に感じるザラザラとしたチ○カスの感触。

(いったい、どれくらい洗ってないんだろう・・・) そんなことを思いながらも、僕は夢中でチ○ポを咥え込んでいました。

「ど、どうだ、俺のチ○ポは?」 「ウン・・・凄く臭いよ。でも、美味しい・・・」 そう言って、サオの裏筋を丹念に何度も舐め上げてみました。 そのたびにホームレスのチ○ポが舌の上でビクンッと脈打つのが判りました。

僕はホームレスの敏感な反応を楽しみながら、亀頭やサオ、そして玉袋までたっぷりと時間をかけて舐めまくってあげたんです。

「に、兄ちゃん!も、もうっ・・・」 ホームレスの声がいかにも苦しそうで、我慢の限界が近づいてるみたい・・・

「おじさん。出したいの?」 「・・・」 ホームレスは黙ってうなずきました。

射精の瞬間は、もう時間の問題といった感じでした。 「いいよ。お口の中にいっぱい出して・・・」 舌先で亀頭をぺロぺロと舐めながら、サオを激しく扱いていると・・・

「ううっ、出っ、出るうーーっ!」 ドピューーッ!て感じで一発目が舌の上に弾け飛び・・・ 僕は素早くサオを咥え込みながら、さらに激しくサオを扱き続けました。 するとドッピューーッ、ドピュドピューーッ!て感じで二発目、三発目、そして四発目が口の中に・・・ もう、僕の口の中はドロドロの精液でいっぱいになっていました。 (ああっ!もっと欲しい・・・)

僕は最後の一滴まで搾り取るように、ホームレスのチ○ポに激しく吸い付いていました。

するとチュウーーーポンッ!て感じで、僕の口の中から唾液と精液でヌルヌルになったサオが抜け出してきました。

ふと、上を見上げるとホームレスは気持ち良さそうに息を弾ませていました。

ゴクンッ! (お、美味しい・・・)

喉に絡みつくようなドロドロの生温かい精液を、僕は思い切って飲み込んでいました。

一日で四人の精液を飲んだなんて、初めての経験でした。 しかも、相手は河川敷に住んでいる臭くて汚いホームレスたちです。

まさに、堕ちるところまで堕ちてしまった・・・ でも、後悔はしていません。

だって、凄く興奮するんだもん・・・

お肌にやさしい成分をたっぷり配合。リアルなニオイに精液マニアも大興奮!


評価
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

前の記事

おじさんにいじられ

次の記事

学生時代の思い出