中1の春の内科検診

中1の春の内科検診でした。ちん○んが小さくて誰にも見せたくなかったので、すごく恥ずかしかったです。
アンケートは、夢精があったか、自慰をしているかなどを分かりやすい表現で聞いたものでした。
その時は、オナニーは知らなかったのですが、乳首を6年生の時からくすぐっていました。
医者の前に立たされて内科検診を受けました。
聴診器がたまたま僕の乳首をかすめて、思わず眼をつぶって唇をかみしめました。
「あっ、あーん」と言いそうでした。
興奮してしまって、半勃ちになっていました。
股を閉じて勃起したのを気づかれないようにしたのですが、床に足の位置がテープでマークされていて、「そんなに閉じないでね」と医者に言われて、元の位置にもどされてしまいました。
天井の蛍光灯の数を聞かれて、数えていると、一気にブリーフを膝まで下ろされました。
左右のタマをもまれて、皮を何回か上下されました。
透明な液がネバーっと出ていて、すっごく恥ずかしかったです。
「おしっこが出にくい」に○をした子はお尻の穴にも指を入れられたそうです。
これは中学1年生の春の検診だけでした。
私立の男子校で、いろいろな地域から集まってきていましたので、入学直後はお互いに知っている子はほとんどいませんでした。
突然の羞恥の検査に教室に戻ってもみんな黙っていました。
数日後、クラスのなかで、僕とA君とB君の3人だけがプリントをもらいました。
「新入生健康診断 精検のお知らせ」と書いてありました。横から他の子がプリントをのぞきこんで「あーっ、精検だー。精液検査だ!」と言い出しました。
僕は何のことだか分からずにキョトンとしていましたが、A君は突然泣き出してしまいました。
帰りのホームルームが終わって、保健室の先生にどういうことか3人で聞きに行くことになりました。
保健室の先生は笑いながら、「精検って、精密検査の事よ」と教えてくれました。
A君は内科の精密検査でした。
とても安心した様子でした。でも、B君と僕は泌尿器科の精密検査でした。
それが何を意味するのか全然分からなかったのですが、男の子の恥ずかしい生理をさらすことになりました。

僕たちは保健室の先生から校医さんのO病院を紹介してもらって、精密検査を受けに行くことになりました。
その日の放課後にA君は親と行きました。
胸のレントゲンと心電図の検査があったそうです。
本当に簡単な検査だったそうです。
2,3日して学校で、B君が前日に受けた泌尿器科の精密検査の話をしてくれました。
1回のおしっこを3つの紙コップに分けてとっただけだったそうです。
僕はB君と同じ泌尿器科の精密検査をうけることになっていたので、少し安心しました。
でも、B君は僕と2人きりになった時に、そのおしっこに異常があればお○んちんの先から金属の棒を挿入する検査を受けなければならないことを教えてくれました。

少しあやしい恐い感じがしましたが、まずはおしっこの検査だけだから・・・、と思っていました。
親はパートに行っていたので、放課後に僕は1人で校医さんのO病院へ行きました。
中規模の病院でしたが、その時はほとんど患者さんはいませんでした。
廊下にいろいろな扉がありました。受付で保健室でもらった書類などを提出した後「泌尿器科」の前で待ちました。
しばらくすると紙コップをわたされてそこにおしっこを採ってくるように言われました。
そこまではB君から聞いたとおりでした。
おしっこを提出してしばらくすると診察室に呼び出されました。
泌尿器科の医師は校医さんではありませんでした。
医師は学校からの書類を見ながら
「下は脱いでそこのベッドに横になって。」
と言いました。
「えっ?おしっこの検査だけじゃないの?」
僕は突然の医師の言葉に戸惑いました。
でも、逃げ出すわけにもいかず、ズボンだけを脱いで、ワイシャツとブリーフに白いソックスという奇妙な状態で黒いレザー張りの診察ベッドにうつ伏せになりました。 
「パンツも脱いでこっち向きね」
少しでも見せないように努力している僕に医師が最も残酷な言葉をあびせました。
しかたなく仰向けになって、ブリーフをお尻のほうは下げて、おちん○んが見えないように前は半分ぐらいまで下げました。
医師はすーっとブリーフを膝まで下げました。
脚を少し閉じて両手で隠そうとすると
「ほら、手はどけて、もう少し脚を開いて」
と言われました。医師は僕の左右の玉の計測を始めました。
サンプルの穴の開いたプラスチックの板と玉の大きさを比較していました。
その後、ノギスで2回づつ計測しました。
最後に○茎を下に引っ張って下腹部の付け根から先端までを計測しました。
やっと計測が終わってブリーフを上げようとしたら
「まだ、まだ!そのまま!」
と言われました。
医師は左右の玉を揉み始めました。
懐中電灯でもすかされました。
次に○茎の皮を何度か上下させて、完全に剥いてしまいました。
脱脂綿で亀○を消毒されましたが、ピンク色の何も知らない僕の亀○はとても敏感で、息をこらして耐えていたのですが「痛っー」と声をあげてしまいました。
いじられているうちに透明な液体が先端に分泌されてきました。
「もう中1だから知っているでしょ?ここで出してくれる?」
と言われて、何のことかさっぱり分かりませんでした。
すると
「大人になってから子供ができない身体になるといけないから、細胞をとって調べるけど良いですか?」
と言われて、
「はい・・・。」と曖昧な返事をしてしまいました。
その返事に後悔することになるのですが、その検査に了解してしまいました。
医師は紙コップを用意すると、僕の○茎をつかんで上下に動かし始めました。
「えっ?何をしてるの?」と思いながら医師のすることを見ていました。だんだん下腹部がくすぐったくなってきて、おしっこが出そうになりました。
身体をくの字にして○茎への刺激を避けようとしました。
「あのお・・・。トイレに・・・。」
「ここで出して良いですよ。」
「ええっ、そんなあ。」
僕は仰向けに戻され刺激は続けられました。
「何で僕だけこんなことされるの?B君はおしっこの検査だけだったのに・・・」
僕は少し涙目になっていました。
それでも刺激は続けられ、ついに下腹部の奥から今までにない感覚で何かが上がってきました。
おしっこがでちゃう!看護婦さんもいるし、漏らしたら恥ずかしいし!
でも先生は出して良いって言ったし・・・。もうだめだ、ここで出すしかない!と思って膀胱の筋肉を緩めると、見たこともない白い液体がドックドックと脈を打って噴出されました。
何が起こっているのかよく分からずに亀○を拭いてもらいました。
これがサイボウといものなの?
僕は始めてのことに戸惑っていました。
医師は顕微鏡に白い液体をセットして数を数えはじめました。
そして、これが赤ちゃんの元だということを教えてくれました。
結局、病院でオナ○ーを覚えさせられて毎日のように射○するようになってしまいました。
その後、血液の検査と両手のレントゲンを撮られました。
それから高3まで1ヵ月ごとに血液の検査を受けました。
6ヶ月経過するごとに手のレントゲンと精○検査がありました。
そのときは親も連れてくるように言われました。
親と医師の前で、自分で出したばかりの精○を提出するのはとっても恥ずかしかったです。
中3のときには学校の尿検査で異常があって、さらに羞恥の検査を受けさせられることになりました。

家から追い出され居場所を無くした結斗が自分の居場所を手に入れるために「神待ち」するお話第25話です。 懇願するヒナタの思いも虚しくひたすら犯される三人。 押し寄せる絶望の波とは裏腹に、身体は刺激に流され反応してしまうソウタ。 だが一番最初に音をあげたのは裏表のないヒナタだった。 トイレに響き渡す絶叫。 嗚咽は連鎖し、ついにリツにも限界がくる。 ○辱の限りが尽くされ、体液と言う体液を垂れ流す。 そんな中、さらに次への絶望の伏線が引かれる。 一体、彼らの人生はどこまで破壊されるのか…?


家から追い出され居場所を無くした少年、結斗君が自分の居場所を探すために神待ちするお話第5話です。 助けてくれた体育教師だったが、結斗の身体が目的なだけだった。 連日犯される結斗、体育館裏の水道でひっそり精子を洗い流していた。 そこへ訪れた不良に連れられやってきた豪邸には、怪しい連中がたむろしていた。 不良たちには何かたくらみがあるようだ。


評価
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

前の記事

盲腸で

次の記事

地獄と快楽