中三のヒカルとお風呂で

新学期から高2になります。
俺は元々ホモや男には全く興味なんかありませんでした。

ヒカルが転校してくるまでは。。

ヒカルは中3の2学期に同じクラスに転校してきました。
華奢な身体つきと、女優の吉瀬美智子さんをそのまま少年にしたような彼をみて、ホントに男?と思ったほどでした。
席がたまたま空いていた俺の隣になり、家も同じ方向だったので、
教科書を貸したり道案内をするうちに彼も俺をしたってくれて、急速に親しくなっていき、
結局高校も同じ高校に行くことになりました。

高校に入学しても、ずーっと仲良く、普通にお互いの家を行き来していましたが、
5月の連休に親戚の結婚式があり両親が出席するため、
3日間俺一人になってしまいました。
俺はヒカルに、もしよかったら泊まりにこないかって誘ってみたところ、快く了解してくれました。
ヒカルが泊まりに来たその日の夜、ハンバーガーを買ってきて食べた後、お風呂に入ることになりました。
俺は半分冗談みたいに「男同士だし、時間が勿体無いから一緒に入ろうよ。」って誘ってみました。
でも、彼は「うん、いいよ。。」ってちょっとためらいながら答えました。
先に入っていると、彼が腰にタオルを巻いてちょっと恥ずかしそうに入ってきました。
ヒカルの身体は細くて、無駄毛が全然なく、女の子のようにつるつるできれいでした。
俺は変な気分になって、思わず身体を洗い終わったヒカルの華奢な肩を後から思いっきり抱きしめていました。
ヒカルは「ヒロくん、苦しいよ。」て小さく言いました。
俺は彼の身体をこちらに向けて抱きしめました。
裸の胸がピッタリ合い、頬と頬をすりながら、髪をなで、耳を軽くかんだりしました。
ヒカルは「ヒロくん、ダメだよ・・」と言いましたが、抵抗することはありませんでした。
彼の表情を見ると、目を閉じてうっとりしているようにも思えたので、俺は彼の唇にキスをし、舌を軽く入れました。
俺の息子はすでにビンビン状態で、彼の下腹辺りに当たっていまいたが、恥ずかしさは感じませんでした。
そのまま抱きしめていると、ヒカルが「大きくなったね。」と言いながら、俺の息子を握ってきました。
俺は初めて他人に握られて腰から背中に電気が走るような快感に襲われ、彼の唇にしゃぶり付きました。
ヒカルは握っていた俺の息子をゆっくりとシゴキだしたので、「そんなにすると出てしまうよ」と言うと、
「うん、出してもいいよ」と言い、手の動きを早めました。
数分後、俺はたまらず「もうダメだ。」と言って、彼の手の中やお腹の辺りに大量に発射してしました。


サッカーが好きな男の子、空山晴登(そらやまはると)。 サッカーが上手くなるために伝説のサッカー監督に指導してもらうために、とある男性にコーチになって欲しいとお願いするがその男は伝説のサッカー監督ではなく伝説の調教師だった。 晴登は人違いをしていることに気がつかないままコーチの言うことに従う。コーチも晴登のことが気に入り玩具まで出してきて…。


評価
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

前の記事

巨根小学生

次の記事

中学生の手コキ