露出狂のねこ

はじめまして、サラリーマン3年目の、露出狂です。綺麗な体を保つ為に週4ペースで、鍛えている。 今、パートナーがいる為2人の露出への願望はよりエスカレートしちゃっている。そんな最近の出来事を書き込みします。
8月の某日に、2人で栃木の某ホテルに一泊二日で旅行に行きました。その日はかなり暑い日でもあり、2人はかなり、挑発的か格好をしていた…
そうそう自己紹介がまだなので話します。
彼の名は保(仮)、豪とのハーフ、と言っても日本生まれ、見た目はアメフト出身なのもあり、全てにおいて大きいかな?180㌢83㌔イカにも系 逸物も絶品かな…で、俺はたくじ175㌢65㌔体脂肪率は限りなく0に近いかな、尻フェチでTバックを愛用中の為(水着も)日焼け跡がクッキリ浮き出ている、淫乱ネコだよ、今まで交尾数は未知数、保との出会いは露出サイト、初対面で交尾を済ませ、相性良好。
当日は二人ともタンクトップにグレーの尻脇までの超パンパン短パン(逸物の形クッキリ)スウェットのペアルック。受付を済まし5階にある露天付き部屋に入った。

保 『長旅疲れたなぁ! 』
俺も相槌をうちながら、早速、浴衣に着替え始めた。
保 『おいっもう着替えるのかって』とグウタラ言いながら彼も着替え始めた。

浴衣に着替えも済まし、露天付きの大浴場に向かった。風呂場の脱衣所には、家族連れが多く、子供達の目線があるため、俺の裸体を見せつけるのには、多少抵抗があったが、保は気にせずに浴衣を剥ぎ、Tバックを脱ぎ、そそくさと浴場に入っていった 俺も後を追うように、浴衣を脱ぎ浴場に向かった、さすがにパイパン姿の二人には周りの目線が釘付けに…見られる快感は俺達が望むもの、俺の逸物の角度も徐々に変わり始めた。綺麗に見せたく俺の体の曲線にはかなりの自信がある、石膏を取る仕草など、細かい動作にも、思考を凝らし、保に見せつけ、保の逸物も急激に角度が変わり始めた。、22㌢はあろうかと思う保の肉棒は血流活気盛んで、何か悪い事をしているんじゃないかと、思う程、俺の心を惹き付けた。死角になる場所を探し保は俺の手を引き 湯煙の多い場所で、二人は抱き合い、人が近くにいるのも、構わずに、二人は唇を合わせた。上唇中に俺の舌を中に差し入れ、保の歯茎などあらゆる場所を唾液と共に注入、適度に唾液同士が絡みあったのを、確認し…今度は保の中にある、全てのものを吸いあげるかの様にいやらしい音を立てた吸上げ。唾液を手に吐きかけ保の肉棒がある場所に手を這おった。
唾液な肉棒をグチュグチュな手で触り、 上下運動を試みた。そんな時に中学生位の男の子が俺達を見つけ驚いた顔して、見ていた。ノンケ場所は危険を伴うんで、その場は止めておいた。体を洗い流し、温泉にもつかり、さっぱりした体で浴場を後にしたが、不思議な事に先程驚きの中見ていた中学位な男の子も、後を追うかの様に、付いてきた。新しいTバックを見に纏い、脱衣所も後にした。
さっきの子も付いてきたのを、確認したが、そのまんま部屋に入った。
布団の支度も済ましてあり、俺達は早速先程の続きを楽しんだ。再度濃厚なKISSから始めた…
お互い裸になり、お互いの体をむしゃぶりついた…
やがて、
『おっぉ~あ』
低音のあえぎ声をあげ始めた。
保の肉棒を
(チュッパ プチュプ)
しゃぶり彼の全てを受け挿れた。
相変わらず、彼の肉棒には魔法がかけられた様な感覚が体を突き抜けていく、
でも、保は何やら自分の肉棒にいつも湿った感覚があり、挿入するまえに必ず席わ外す、その時は、そんな事考えもせずに、彼の肉棒を受け挿れた。
ズンズンと保の体の重みが押し寄せ、ピストン運動を繰り返し、その度に、俺の中から魂が抜ける様な肉壁か前立腺から伝わってくる (もうヤバイ)と溜め息が

人の理性を超えた感覚が、研ぎすまされ、段々目に映るものが、全て明るく感じ始めた。
(あっあぁ~うわぉ~!)
声が漏れる、保は俺の限界をも無視をし、既に一発目を終了してるのも関わらず、ピストン運動を続ける
正常位の体制からの絶頂なので、俺の腹辺りから顔まで、自分の精子でグチョグチョになっている、だが尚も堀り続ける、女性の感覚ってこんな感じなのかと…思う位に、一旦治まった、肉棒は既に感度良くビンビンであった…体位を…測…位…俺の大好きな四ん這いに変え、尚、俺の彼処を堀続け続ける、硝子越しに映る彼の顔は野獣そのものである… 立位に変わり、掘られ続けられながらも、俺を歩かせた…そのまんま、部屋扉の真ん前まで行き、なんと! 保はそのまんま扉を開けてしまった…既にトリップしている俺は…否定するどころか余計に感じ始め…彼処に力を込め気持良さを噛み締めていた。
暗くなった、フロアーの通路は静寂を保っていたが、その中に異色伴わない二人が、交尾を続けた…丁度2度目の絶頂近くに、ふと彼は奥にある人影を指差した…その先には、先程の男の子がこちらを見ていた。
挑発するかの様に、体位を四ん這いに姿を変え、彼に見せつけ、そのまま、俺は果てた!!

2度目の絶頂は出るものが出ない状況なのに、何故だか、代わりに穴の中から潮みたいな液体を噴射した。まさしく女の子の様に…俺の彼処には保の肉棒で一杯になり、尚も抜こうとしない、俺の感覚は朦朧とした…保の肉棒は何故、絶頂を迎えないんだ…
掘られながらも、先程の男の子にも見られながら…
(気持ち良いぃ?)
の質問に…
『当たり前だもう2回出したぞ』
中出し……されていた。
そんな事も気付かずに、掘られつづけ、まだ物足りない表情に保は優しくKissをしてきた。それで、やっと一休みが出来た。男の子にも笑顔み見せ、再び部屋に戻った。
しかし、いつも以上に激しい交尾をしたのにも、関わらず、ムラムラは治まらない、崩れ始めた、俺の理性は、何故こうなったんだろ…持参した、極太プラグを挿入し、収まらない欲求を抑えた。彼はイビキをかきながら…いつの間にか寝ていた。勝手な所も惹かれる原因と微笑みながら、口付けをした。スペルマまみれになった体を洗い流す為に、俺は一人で大浴場へ行った、遅い時間なのもあり、人は居ないみたいだった。浴衣を脱ぎ、Tバック一枚なった姿を 鏡に写し精液でカピカビになった坊主頭も気にしながら、ナルシストの様に鏡を見ていた… その時

鏡越しに映る先程の中坊が現れた。俺は何事無かったかの様に、Tバックを脱ぎ、挿入されていた、プラグを見せつけるかの様に、
(チュプ チュプフォ!)
やらしい音を響かせて抜いた、そのまんまソソクさと風呂場に入った。身体中の精液を洗い流し、温泉につかったが…まだ 物欲しさが抜けず…指で尻穴を刺激していた。そこへ、中坊も浴槽に入って来た。

『凄いですね、さっきの』
「えっあっありがとう」

『初めて見ました男同士の…』

「興味あるの」
と話かけたら、

『想像もしなかったが、凄い世界だと思いました。』
言葉少なめに会話をし、ふと彼は股間を隠していたが、勃起しているのがわかり、…

彼に迫って見た。かなり否定をしたので…
手だけで抜いてあげる事にした。
顔を赤らめ少し擦ってあげたら、簡単に果ててしまった。
で、何事も無かったかの様に浴槽を出ていってしまった…。
俺も風呂場を後にした。

部屋に戻り俺も眠りについた。

だが、夜中突然保がゴソゴソと動き始め…
俺の尻辺りを擦り始めた。
寝てから間もない間だったので、冷たい反応をしたが、体は正直に感じてしまっている… 「あぁぁふん」

前儀なしで、俺の尻に唾を吐きかけ、又俺の尻穴に挿入してきた…
なんで、こんなにも肉棒が恋しいかわからないが、
保の無しでは駄目になりそうな程の錯覚に陥りそうになる。 壊れ始めた本来の理性が快感に押し潰されそうな感じ…
やがて絡み最中に突然外に行こうと言う提案があり、来る時に見た某コンビニの近くに車を停車させた。

突然保は
『露出しようぜ』
と話した、俺はトリップ中なのもあり、朦朧とした中で保は全裸、俺はTバック姿で入店した、店員の男は目が丸くなっていた。反応的に良い感じだったので、見られ感覚を噛み締めながら、レジでタバコを購入、無言のままレジを済まし、店を後にした。外で裸でいても蒸し暑い感じがぬけず、次に近くにある幹線道路脇に行き、保は再度俺の尻に肉某を合わせ、一気に挿入してきた。
外での青姦は一番感じやすく、ガードレールに手をおき立ちバックで俺の中で出し入れされている。

「あっあっあっ いぃよ」
肉と肉の激しく重なる音と行き交う車の通りを肌で感じながら…俺は肉棒を感じている…

やがて本日 3度目の絶頂を迎えた…彼果てた ドクドクと肉棒から放出された
精液が俺の中で踊っているのを感じていた。

評価
1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...

前の記事

小学6年生の時

次の記事

いじめの始まり